imagemreguri.jpg

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年初午祭り

2014年04月22日
今年も無事に初午祭りに行くことができた。
記事を書くのを遅くなってしまったが、ここ数年毎年必ず行っているので幸いだ。

必ず太郎も一緒に行くことにしている。

昨年から動画も編集している。
昨年の記事
http://kobo19720418.blog2.fc2.com/blog-entry-523.html






GEDV0106.jpg
 

Read more "2014年初午祭り"

2014年唐澤山神社初詣その2

2014年02月08日
その1
http://kobo19720418.blog2.fc2.com/blog-entry-551.html
の続き

ついでにヤフーブログ記事
http://blogs.yahoo.co.jp/xbwgc030/62252401.html

参拝動画





社務所を通過し参拝しに行った。

Read more "2014年唐澤山神社初詣その2"

2014年唐澤山神社初詣その1

2014年01月20日
今年も毎年恒例の唐澤山神社の初詣に行ってきた。

今回は父と母はいなく、太郎と私で行ってきた。

ヤフーのブログにも書いた。
http://blogs.yahoo.co.jp/xbwgc030/62252401.html


動画も作った。

その1


もう2月になっているが、このブログの機能には日付を変更できる機能があるのでのんびり書こう。
Read more "2014年唐澤山神社初詣その1"

2014稲荷神社初詣(夜中)

2014年01月15日
ヤフーブログの方にも書いたが、今年の正月は最初に稲荷神社の初詣をしに行ってきた。

http://blogs.yahoo.co.jp/xbwgc030/62250864.html


ついでに動画も作った。





ここ何年もこのブログの更新はあまりしなくなってしまったが、正月くらいは何か記事を書かなくてはいけないなという気持ちになった。

田沼に帰って来て10年経った。長いようで短いようで。

Read more "2014稲荷神社初詣(夜中)"

御石稲荷の動画を作ってみた

2013年10月26日
前回の記事「御石稲荷が分かりやすくなっている」を動画にしてみた。

動画の後に記事の写真サムネイルを作っておいた。


これからいろいろな旧田沼町の史跡などを動画で広めて行こうと思う。


御石稲荷が分かりやすくなっている。

2013年10月07日
御石稲荷は、以前に記事を書いた。
http://kobo19720418.blog2.fc2.com/blog-entry-227.html

田沼町史より

「田沼小学校の西を一本杉へ通ずる農道の傍らに、石宮とその前に石の鳥居と手洗い石がある。この東の畑が社地で、治病・開運願いごと何でも祈願すれば必ずかなう霊験あらたかな神様として、明治のころまでは田沼・石塚方面の多くの人びとに信仰されていた。そのため昔は料理屋が三軒もここにあった。信者の中には、白木の鳥居・座布団などを奉納する人もあり、冬至の祭日には賽銭が、かますでで運ぶ程たくさんあったといわれてる。戦時中には、千社参りが多かった。御神体は丸い自然石で、通称御石稲荷と呼ばれている。」

北関東自動車道により、新しい道が何個か出来た。その影響で、御石稲荷もいろんな人に分かるようになっている。



より大きな地図で 36.366958, 139.571262 を表示


Read more "御石稲荷が分かりやすくなっている。"

日限地蔵尊(田沼仲町路地裏)

2013年08月15日


犬の散歩中に地蔵尊を見つけた


ここの日限地蔵は、田沼町史でも取り上げられている(1巻)。

明和5年(1768年)八下田重志郎氏が建てたと書いてある。八下田一家の鬼門除けの地蔵として立てられたと伝えられてるという。
今でも信仰が絶えない。





Read more "日限地蔵尊(田沼仲町路地裏)"

H25年6月4日葛生駅から電車の旅シリーズその6

2013年07月02日
前回の記事
http://kobo19720418.blog2.fc2.com/blog-entry-543.html
の続き

館林駅に着いてから帰る途中、堀米駅から今度は反対の風景の動画を撮った。

このブログは旧田沼町のブログなので、田島駅や館林駅の風景は記事にはしなかった。

ヤフーブログの方には書いておいた。

http://blogs.yahoo.co.jp/xbwgc030/61922438.html


堀米駅から秋山川を通過してからの風景は本当にいつも素晴らしいと感じる。
唐沢山や諏訪岳を見ながらの田園風景は久しぶりに田沼に帰ったときなどに見るととても感動することができる。





田園風景を何気に眺めて感動する年齢に達してしまった。

そういや、田沼に帰りもう10年は過ぎた。

なんか最近は縮みあがっておとなしく過ごしているような気がするのとこのブログを書くのもおっくうになっている。

なんかどうにかしなくては普通に年を重ねて行ってしまいそうだなとぼんやりな危機感も感じてしまう。
しかし、それが田沼の生活なのかもしれないなとも感じる。

北関東高速の影響もありだいぶ旧田沼も風景が変わってきている。

この東武線から見た唐沢山の風景くらいが昔からあまり変わってはいない。
私より上の世代の人からしたらそれでもだいぶ変わったのだと思う。

変わっていく旧田沼町をのんびり眺めて生きるのも悪くはないか。
« Prev | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。