imagemreguri.jpg

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠原古墳

2005年06月08日
古墳ムーディーズというホームページがある。そこにこの古墳を詳しく紹介しているので、詳しく知りたい人はそのページを見てください。

この日は、雨が降ったりやんだりの天気だったので、この林の中にある古墳は暗かった。飛駒に向かって車を走らせていくと標識があるのですぐわかる。狭い道を曲がって入ると田園風景なのだが、どこにあるのかわからなかった。民家の人に聞いて行ってみたのだが、林の中をまあまあ歩いていくので、スーツ姿で見学に行ったのでかなり靴が汚れたが、いつも通りの田沼町がたてた説明看板を見て安心した。
P6110059.jpg

説明書きによると6世紀と書いてあるので、奈良時代かその前の時代の古墳らしい。その時代にこの地域も力を持った豪族がいたということになるが、ひょっとしたらこの地域の風習で、墓を塚にしている習慣があって普通の庶民の墓かもしれないという気もする。
P6110060.jpg


小高い塚になっているのだが、暗くて見えないでしょう?
P6110061.jpg


碑が置いてあった。この古墳に由来する碑かと思い、よく見たら、○○信女とか○○童子などと書いてあったから、これは昔のお墓だと分かった。おそらく江戸時代辺りのこの地域の人々のお墓だ。古墳の周りは昔は墓がたくさんあったのに違いない。また「須花トンネル」に行ったときのように白い煙が写ったらどうしようと思いながら、遠くから撮った。写真を撮ってから手を合わせた。
P6110062.jpg

古墳は向かいの方にもあった。古墳ムーディーズによると、三つあるらしい。


P6110063.jpg



どうしても暗くて分からない。
P6110065.jpg


この辺りの土はやわらかいから、掘ってみるとカブトの幼虫がたくさんいるんだろうなという気持ちになってきた(笑)。
P6110066.jpg


田沼に関するページを作って行くと、古墳や神社、寺、史跡、地蔵、庚申塚、19夜様、などとたくさん勉強しなくてはいけないことばかりで奥が深いと感じてきた。田沼町のことを分かるのは何年もかかるだろうが、めげずに頑張ろう。

関連記事
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。