imagemreguri.jpg

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鞍掛神社

2005年05月09日
 私が山水を汲みに行く途中に気になっていた神社があった。
詳しくは「水汲み雪辱戦」
を見てね。

その神社が「鞍掛神社」だ。ここには重要文化財の「四文字額」が奉納されている。

P5070035.jpg

P5070036.jpg


鞍掛神社は滋賀県の大津などにあるのが有名で、壬申の乱で敗れて天智天皇の子供、大友皇子を祭っている神社のようだ。別のところでは米山大明神を祭ってあったりとばらばらなのだが、いずれにせよどうして田沼にもあるのかがよく分からない。調べてみなくてはならない。

なかなか風情のある由緒ある神社だ。


P5070037.jpg


境内は昔ながらの風情が漂う。ここで昔から子供たちがまりつきやら喧嘩などをしながらして遊んだのであろう。

P5070038.jpg





神社の横には飾りがついていた。友人こいたと何の絵なのか推測した。おそらく藤原秀郷ゆかりの伝説化した話絵巻だとは思うのだが、いろいろ誤差みたいなものがある。

P5070039.jpg


たとえば下の絵はおそらく「瀬田川のムカデ退治」の絵だと思うが、ムカデではなく竜になっている。琵琶湖の瀬田川にあるこの橋の近くの大学に通っていたので地元根性でよく本を読んでいたからすぐ閃いたのだが。
P5070040.jpg


また、下の絵はおそらく藤原秀郷が、唐沢山にあった城の井戸から竜宮城に行ったときの話しの絵だと思う。
しかし詳しくは分からない。後で調査しよう。


P5070041.jpg






関連記事
スポンサーサイト
Comment
No title
※画像がすりかわってます。おそらく下宮神社の写真になってますので、近日中に更新しなおそうと思います。

管理者のみに表示
Trackback
御目洗井戸(おめど)は史跡扱いで載せるか、神社扱いで載せるか迷った。祠があるので神社扱いに私はした。おめどは明星幼稚園の近くにある。私は、関西弁がまだ抜けきれていな

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。