imagemreguri.jpg

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士浅間宮を参拝する

2014年11月22日
久しぶりに記事を書いた。

田沼神社仏閣巡り隊に新しいメンバーが加わった。若い女の子が入会したのでうれしいことだ。他のメンバーもまた活動してくれるのを期待、さらに新しいメンバーも加わるのを期待するとしよう。

それなので久しく史跡めぐりをしてなかったけど、またやろうという気持ちになったのでまた始めよう。


富士浅間宮はまだ行ってなかった。まあまあ近いところにある神社だが、市道から見ると個人で作った神社のような感じがしたので後回しになってしまった。狭い通りから見ると普通の神社だというのがわかったので、参拝した。

この周辺も昔と少し変わった。近くにセーブオンも出来た。それなので参拝する人も増えるのだろうと感じる。

asamatanuma01.jpg

駐車場から見えるミニチュアのような富士塚と鳥居。本音はこれが何か昔からある神社ではないのかもしれないという気持ちにもなって参拝しなかったのもある。
田沼には何か風変わりな神社も見かけるのも事実である。



旧田沼町にも浅間神社が何個かあり、昔から富士山信仰が盛んだったのがよく分かる。

栃本の浅間神社
http://kobo19720418.blog2.fc2.com/blog-entry-271.html

白岩の浅間様
http://kobo19720418.blog2.fc2.com/blog-entry-241.html



旧佐野には浅間山もある
http://blogs.yahoo.co.jp/xbwgc030/57319091.html



asamatanuma02.jpg

社務所の方に向かってみた。




asamatanuma03.jpg

立派な神社だった。祠を見ると長い歴史があるのが分かった。




asamatanuma04.jpg

富士浅間宮の本社は山梨県にあるらしい。

http://sengenjinja.jp/

宮司の娘さんの禰宜さんが教えてくれた。
かなりの美人の女性のかただったのでびっくりした。

ついでに新しく加わった田沼神社仏閣巡り隊のメンバーもかなりの美人なので年末は美人まみれの史跡巡りだなと感じてしまう。






asamatanuma05.jpg

北口本宮浅間神社をウィキペディアで調べてみると、富士講の行者が再興し、富士講の参拝者がたくさん訪れたことが書いてある。
田沼も明治時代に扶桑教が流行していたと田沼町史には書いてあり、そのときの中心的な神社だったと感じる。



asamatanuma06.jpg

禰宜さんはもともとは田沼の町内にあったと言っていた。
その場所に行ってみたいと感じたので時間があったら行ってみようと思う。今は公民館になっているという。



asamatanuma07.jpg

この町で浅間様は知っている限り4つはあるので、当時はかなりの人が富士山を信仰していたと思う。




asamatanuma08.jpg

現佐野市地域でも火祭りは3箇所今でもやっている。
冬の朝になると今でも遠くに富士山が見ることができる。
人々は遠くから見える綺麗な富士山を信仰した。



asamatanuma09.jpg


松桑殿



asamatanuma11.jpg


たくさんの人たちが寄進している。先祖代々信仰されているのだろう。

asamatanuma12.jpg

鳥居。









asamatanuma13.jpg

鳥居をくぐる。
asamatanuma14.jpg

神殿。




asamatanuma15.jpg

絵馬

asamatanuma16.jpg

しろいろな神様が祭られてある。また詳しく見に行くつもりだ。

asamatanuma17.jpg

狛犬、石塔

asamatanuma18.jpg

狛犬



asamatanuma19.jpg

注連縄

asamatanuma20.jpg

賽銭箱周辺

asamatanuma21.jpg

大黒様も祭られてある。

asamatanuma22.jpg

とりあえず手を合わせた。

asamatanuma23.jpg

とりあえず手を合わせた。



asamatanuma24.jpg

修験道の影響で神仏混合でいろいろな神様が祭られ奉納されている。
詳しく調べないと。この日は雨が降っていて暗くなりかけなので中途半端になってしまった。

asamatanuma25.jpg





あっという間に暗くなってしまった。
田沼神社仏閣巡り隊の活動の再開は富士浅間信仰についてやっていこうかという気持ちになり帰ることにした。

普通にこの道を散歩で通っていれば、もっと早く神社を記事にできたが、以外に通らない道でもある。
犬の散歩にはいい道である。

asamatanuma27.jpg

暗くなって風情が出てきた神社になった。

asamatanuma28.jpg

観世音菩薩が奉納されていた。修験道の人かもしれない。



asamatanuma29.jpg

この祠も何かの謂れがあると思うが、また今度参拝しようと思う。

asamatanuma30.jpg


以前赤城山神社の側に赤城大明神が祭られてあって修験道の人が綺麗にしていたが、その神社も富士講にゆかりのある神社かもしれない。
http://blogs.yahoo.co.jp/xbwgc030/42480989.html



関連記事
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。