imagemreguri.jpg

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唐澤山鏡岩散策

2014年04月30日
さっきの記事の続き

それから久しぶりに鏡岩を歩いてみた。

小学生のとき習字の塾の遠足で歩いたことがあったが肥満児だったのでかきつく感じたが、職場の山登りのほうがはるかにきつく、職場の登山コースの引率をしてるとリタイヤしてしまう子供もいるのだが、確実に昔の私は今の職場の登山コースでリタイヤしてしまうだろうなと昔のことを思い出しながら歩いた。
ついでに子供の頃は高所恐怖症も今よりも強かった。こんなん岩場に昔はびっくりしていたんだなとほくそ笑みながら歩いたのである。


鏡岩の由来は、『校正続撰佐野記』に「ここに城を修理して築かんとせらるる時よりして、此石光輝く事おびただし。…細密之事までもよくうつり明らかなるゆゑに鏡石と名付たり。」と佐野のホームページに書いてある。



kagami01.jpg
「上杉謙信が唐沢城を攻めた時、西日が反射して攻める事が困難であったという
その時の兵火にあい岩面が焼かれて相当けずられてしまったけれども今でも一部光っている」

と書いてあるが、流石に今は光っていない。





kagami02.jpg


鏡岩からは旧田沼町の風景がよく見える。調度犬の散歩に行く秋山川の緑地公園が真下に見えた。
田沼の元町営団地や北関東の高速道路や足利の山も見える。
ついでに私の家もよく見える。

kagami03.jpg


しばらく風景を見ていた。しばらくと言っても30秒くらいだ。

kagami04.jpg


少しは光っているような感じもしたが、光っているというよりは白い部分がまだらに見えるという感じだ。



20140410 172832 

この岩場に鏡を置けば下から攻めてくる兵を欺けそうだなとは感じた。


20140410 172838 

それと敵が攻めて来るのがすぐわかりそうだ。

20140410 172848 

太郎は興味深げだった。

20140410 172852 


岩場を歩きたげだった。それなら歩くか。

20140410 172856 

なかなか魅力のある山道だ。

子供のときの記憶とだいぶ違う。もっと誇りっぽいとこだった記憶がある。

20140410 173040 

岩場の間を歩けて楽しかった。
太郎もどんどん進んだ。

20140410 173128 


夕方だったので西日が少し輝き


kagami07.jpg



けっこう綺麗に整備されていて登り易い。子供の頃はたかがこの程度で息切れしたが。
何よりも当時はふもとから歩いて唐澤山まで登ったのもあるが。

kagami08.jpg






反対側の岩舟方面の風景も綺麗に見ることができる。

kagami09.jpg

太郎は恐れを知らず岩場に登る。

kagami10.jpg




岩舟の風景もよく見える。のどかな田園風景。関東平野の片隅という感じだ。


kagami13.jpg

岩舟山が見える。だいぶ岩舟山も崩れて来ている。あのときの震災でもだいぶ崩れた話を聞いている。
戦隊ものの撮影の爆破シーンで爆破したりもしている話も聞く。


kagami12.jpg

太郎が崖の下を見つめていた。下はアスファルトの道で犬伏方面の道だが、太郎はびっくりもせず興味ありげにしばらく見ていた。


kagami14.jpg


久しぶりに鏡岩を歩いたが、たやすく登れるとこなんでたくさんの人に登ってもらいたいなと思った。
正月しか人が集まらない唐澤山。地元の小学生の遠足で行く唐澤山。


関連記事
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示
Trackback
もう数週間前になるけど、太郎と唐澤山を散歩してきたね(^.^) 久しぶりに鏡岩に行ってきた(^.^) 詳しくは、田沼町を忘れないに書いておいた(^.^) http://kobo19720418.blog2.fc2.com/blog-entry-556.html 太郎は興味深々で岩場をどんどん歩いて行ったね(^.^) ...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。