imagemreguri.jpg

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

御石稲荷が分かりやすくなっている。

2013年10月07日
御石稲荷は、以前に記事を書いた。
http://kobo19720418.blog2.fc2.com/blog-entry-227.html

田沼町史より

「田沼小学校の西を一本杉へ通ずる農道の傍らに、石宮とその前に石の鳥居と手洗い石がある。この東の畑が社地で、治病・開運願いごと何でも祈願すれば必ずかなう霊験あらたかな神様として、明治のころまでは田沼・石塚方面の多くの人びとに信仰されていた。そのため昔は料理屋が三軒もここにあった。信者の中には、白木の鳥居・座布団などを奉納する人もあり、冬至の祭日には賽銭が、かますでで運ぶ程たくさんあったといわれてる。戦時中には、千社参りが多かった。御神体は丸い自然石で、通称御石稲荷と呼ばれている。」

北関東自動車道により、新しい道が何個か出来た。その影響で、御石稲荷もいろんな人に分かるようになっている。



より大きな地図で 36.366958, 139.571262 を表示


御石稲荷は現在も信仰している人がいるようで、きれいに掃除されている。隣の田んぼの持ち主の人とか近くの家の人が掃除されているのだろう。



goseki201301.jpg


向かいにはホテルカリブがある。
goseki201302.jpg


国道293号線の側ののどかな田園地域である。昔から田沼に住んでいた人が多い。

goseki201303.jpg

御石稲荷からはカワチ薬品が見える。だいぶこのあたりの風景も変わってきている。
それはこの御石稲荷がよく知っているのだろう。


goseki201304.jpg

そして逆に、いろんな人がこの御石稲荷の存在がわかるようにもなってきている。赤信号で車を停めて左の田んぼを見ると、御石稲荷を見ることができるだろう。

goseki201305.jpg

以前と変わらずに御石稲荷は祭られてあった。

goseki201306.jpg


当時の飛んだ石ではないが、きちんと祭られている。
以前はお祭りの日には、出店が出るほど信仰があった。その光景を想像するのが難しいくらい街は変わってしまっている。

goseki201307.jpg


砂岩だとは思う。


goseki201308.jpg


冷静に見ると、祠はコンクリート製だった。そう思うと、何度か新しく祠を作り変えたのだと感じる。ブロックが積み重ねられている。

それだけ信仰が続いている証拠である。
goseki201309.jpg


コンクリートがはげて鉄筋が露出している。また近隣の人々が新しく祠を作り、祭ってくれるのだろう。信仰は尽きない。

goseki201310.jpg
田んぼの稲の豊作を見守っているかのようでもある。

goseki201311.jpg


おそらくこの水洗いは歴史を感じるものである。特に左側の方は江戸時代くらいからあったかも知れない。
一応調べてみたが、風化してしまい年代は分からなくなっている。


goseki201312.jpg

稲荷の後ろの雑木林も江戸時代くらいからあったと思う。

goseki201313.jpg

小さなアスファルトの道路は農道で、祭りになると店が出て振るわっていたのをこの風景から少しはイメージすることができた。ついでに今年のこの田んぼの稲は豊作だ。

goseki201314.jpg

御石稲荷の隣の古木も当時から生えていたのだと感じる。石塚の人が当時、ここまで歩いて参拝しているイメージが沸いてくる。

goseki201315.jpg

畑や田んぼは開拓され、このように大きな道路となってしまった。私でさえ、数年前はここは畑地だったのを忘れてしまうくらいだ。

goseki201316.jpg

この道路のおかげで、北関東のインターチェンジに早く行けるようになった。また佐野の市街にも早く行けるようになった。この周辺は工業団地になる。

goseki201317.jpg

工業団地になってもいつまでも御石稲荷の信仰が続いていくだろう。この道路の守り神となり町の発展をいつまでも見守ってくれるのだろうと勝手に思う。

goseki201318.jpg


何よりも、このブログを近所の人で見ている人がいたら、この御石稲荷を参拝して欲しい。たくさんの人の参拝が長い歴史をさらに長引かしてくれるのだろうから。 
関連記事
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示
Trackback
「田沼町を忘れない」 http://kobo19720418.blog2.fc2.com/ の記事も更新あまりしてなく何か気力もなくなっているので、動画形式にしてみようと考えているね(^−^) それなので、「御石稲荷」の記事を動画形式にしてみたね(^−^) きちんと動画も撮っておいて、後半は「田沼町を忘れない」の記事でおさらいができるようにしてみ...
前回の記事「御石稲荷が分かりやすくなっている」を動画にしてみた。 動画の後に記事の写真サムネイルを作っておいた。 これからいろいろな旧田沼町の史跡などを動画で広めて行こうと思う。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。