imagemreguri.jpg

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年初詣 駒形神社

2011年03月03日
元旦の初詣シリーズの最後の神社は飛駒の駒形神社にした。

私の仕事場の通勤路であり、向かいには「びっくり食堂」がある。


通勤中に正月に小さな祭のようなものがあるという貼り紙を見たので、行ってみようと思った。

しかし、午前中にあったようで、神社はいつものように静かだった。

これで元旦は旧田沼町の神社を10社初詣することができたのだが、もっと早めに動けばあと5社くらいは参拝できただろうなという気持ちでもあった。



 以前の駒形神社の記事

鎌形神社に行くといつも何となくさびしい気持ちになって行く。

木々が生い茂り、あまり日が当たらないのもある。前回行った時も寂しい雰囲気がした。



2011koma001.jpg


祭りをやった形跡はなく、勘違いしただけなのかと思った。そのような寂しい雰囲気だった。


2011koma002.jpg


神殿は前から変わらなく威厳があり、深い歴史を感じることができる。1542年創建。指定村社である。

2011koma005.jpg

となりの産秦神社は最初に来た時は新しく出来たばかりであったが、4年くらい過ぎたので、神社の景色に溶け込んでいた。

2011koma006.jpg

神社の謂れは詳しく分からないけど、由緒が深い神社である。 飛駒地域で一番規模の大きい神社である。


2011koma007.jpg 


産秦神社の閉塞は正月だというのに新しくなかったので何か少しさびしかった。
2011koma008.jpg 

社務所は立派でかなり大きい。寄合とかに昔から利用されていたのであろう。

2011koma009.jpg 

もう辺りはこのように暗くなってしまっていて、良い写真は撮れなかった。午前中に来ればよかったと感じたが、午前中は毎年恒例の唐沢山神社参拝であった。

2011koma010.jpg 



 鳥居の写真を撮ってみた。以前は飛駒村であったが、この周辺はその飛駒の中心地であったので、飛駒の中心的な神社だったかも知れない。



2011koma012.jpg 
鳥居は歴史を感じ、質素で小さく控え目なので、老越路峠を通る車のドライバーもなかなか気付かないかも知れない。
しかし、ゴルフなどをやりに来た人は是非ともこの神社を参拝して欲しい。歴史と飛駒の重みを感じることができる。
2011koma013.jpg  
本当に祭をやっていたのか疑問に感じて来た。日にちを間違えたかもしれない。

誰かがブログで駒形神社の祭を記事にしたかサーフィンしてみたが、見つからなかった。

2011koma015.jpg
 

もう1度神殿に行ってみた。

2011koma017.jpg 

狛犬は最近作られたような感じだ。下の台は比較的新しい。
2011koma018.jpg 

毬でじゃれているかのようなj狛犬だった。あまり普段狛犬には興味ないので、狛犬見聞録を見てください。
2011koma019.jpg  

狛犬見聞録の作者(以前はよくコメントしてたけど)の方も歴史、建築物の素晴らしさを語っているようにこの神社は知名度が低いけど、神社の彫刻や作りなどが見事だと私も感じる。
2011koma021.jpg  
向かいには飛駒小学校が見える。

子供たちもこの神社を図工の時間に書いているのだろう。
2011koma023.jpg 
新しくなる前の飛駒小学校の写真を見たくなった。私がこのブログをやる前から校舎は新しくなっているけど。
そういや、学校巡りもやって行かなければならない。以前の記事にもそのようなことを書いた。


2011koma024.jpg 
そして元旦の初詣シリーズも終わった。調度10社参拝してきたので、よjかったと自分なりに感じている。記事を書くのが遅くて3月までかかってしまった。

そうしているうちに旧田沼名物の初午祭りが近づいた。

今年はきちんと初午祭に行けたら良いなと感じる。
関連記事
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。