imagemreguri.jpg

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

賀茂別雷神社100年祭2 田沼太鼓

2010年11月19日
賀茂別雷神社100年祭に田沼太鼓の演奏があった。

つれづれ学習野糞で記事にしたが、田沼町を忘れないの記事にふさわしいと思うので、こっちにも書いて見る。


なぜなら、田沼の名前を残して活動してらっしゃるからである。太鼓の演奏で、無くなってしまった田沼町を思い出す人々がたくさんいるだろう。

なかなか迫力のある演奏だった。

佐野のイベントによく出演しているのがサイトで調べるとわかる。



kamo100-2001.jpg


演奏が始まる前。私が太鼓を知っているのは、佐野日大高校の太鼓部くらいだった。


kamo100-2002.jpg


壮年の方の豪快なバチ裁きから演奏は始まった。

kamo100-2003.jpg



何かかなり練習しているのだろうと思った。準備万端の雰囲気だった。


kamo100-2004.jpg


少年たちもメンバーの中にいた。いつまでも演奏を続けて欲しいと思った


kamo100-2005.jpg

単独演奏がしばらき続き、これから一斉に太鼓を叩き始めようとしていた。


kamo100-2006.jpg

そして、演奏が始まった。威勢が良い演奏が始まった。周りも静かに注目し始めた。


kamo100-2007.jpg

この100年祭りにふさわしい豪快で、爽快な演奏だった。


kamo100-2008.jpg

真剣な表情が伝わって来る。

kamo100-2009.jpg


威厳のある演奏だった。とてもカッコいいと素直に感じた。年輪の積み重ねが伝わってくる演奏だった。

kamo100-2010.jpg


見ている人が注目し、緊張感も感じてきた。
これが太鼓の魅力なんだろうと素直に思った。




kamo100-2011.jpg

呼吸のあった豪快な演奏。写真を撮ってばかりいないで、じっくり演奏を見たかった。



kamo100-2012.jpg

威勢の良い女性。一番元気で、すがすがしい笑顔だった。


kamo100-2013.jpg

演奏がますます激しくなった。

kamo100-2014.jpg


太鼓の人たちも気持ちが高揚してきたようで、ますます乗りがよくなっていった。


kamo100-2016.jpg


本当にかっこいいおじさんだちお思った。

kamo100-2017.jpg


演奏はどんどん続く。

kamo100-2018.jpg


演奏が終わりに近づくにつれ、もっと演奏を見てみたいという気持ちが強くなる演奏だった。



kamo100-2019.jpg



いろいろな世代の人が太鼓を叩き、絶妙のコンビネーションを繰り広げていてとても感動してくる。


kamo100-2020.jpg


いきいきとしている。太鼓が体の一部になってきているかのようだった。
田沼太鼓は本当に素晴らしいと感じた。

kamo100-2022.jpg
kamo100-2023.jpg
kamo100-2024.jpg
kamo100-2025.jpg
kamo100-2026.jpg







太鼓をずらして演奏するアクション。演奏もたけなわに向かって行く。

ここからしばらく写真をあまり撮らず、じっくり演奏を見ていた。


kamo100-2027.jpg


kamo100-2028.jpg


うしろのカメラマンも見入って撮影してういた。


kamo100-2029.jpg


そして演奏が終わった。本当に感動した。



kamo100-2030.jpg


また、田沼太鼓の演奏を見てみたい。佐野のイベントに参加しているようなので、催しがあったらまた行こう。

その3に続く

おまけ:つれづれ野糞による田沼太鼓の記事
http://blogs.yahoo.co.jp/xbwgc030/60061085.html

動画も記事にした
http://blogs.yahoo.co.jp/xbwgc030/60061138.html




関連記事
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。