imagemreguri.jpg

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田沼西中周辺にある牛蛙のいる川と新しくできる橋1

2010年07月20日
前回は小畑橋から北上したが、今回は南下して見ることにした。

最近、寺社巡りをしていない。メンバーがいなくなったから1人でやるには体力と忍耐力が必要だが、夏ばて気味で川歩きばかりしている(^_^)
nisihata001.jpg

 私が子供の頃は、この地域はほとんど行かなかった。田沼の図書館まで行くのがせいぜいだったので、散策しているとかなり新鮮に感じる。


nisihata002.jpg 

新しい橋が作りかけだった。あそこまで行ってみよう。



nisihata008.jpg
田沼西中の校庭が土手に面している。田沼東中に比べると、運動施設が充実しているなと思った。



nisihata003.jpg 



この土手で川の流れを見ながら、昔から子供たちは部活の練習で走っていたのだろう。





nisihata004.jpg 

この日は、学校が早く終わったのかもしくは代休だったようでだれも練習をしている生徒はいなかった。


nisihata006.jpg

もし私のような田沼を回顧するブログを書いていて、その人が田沼西中出身の人だったら、この風景を見ながら素晴らしい文章が書けるのだろう。


nisihata005.jpg 


そして西中を後にした。素晴らしい散歩道だ。


nisihata007.jpg

川の水は浅く、川歩きするのにも良い。前日雨が降ったので、このように水量があるが、普段はあまり水が流れてなく、腐臭もするのが本当のことでもあるが。


nisihata009.jpg

太郎が川歩きを始めた。私も川歩きをしたくなった。穏やかな場所でお気に入りのところになった。

nisihata010.jpg

そして、新しく橋が出来る。この橋が出来たら、この周辺の雰囲気も変わっていくのだろうな。

nisihata011.jpg
西中を越えたところには、小さな小川が流れていた。水が綺麗だったので、湧き水が湧いているのがすぐ分かった。


nisihata012.jpg 

大きな牛蛙が数匹、私の気配を察しし、川の中に跳んでいった。

こんなところに牛蛙がいるのかよと変に感動したのである。

nisihata013.jpg
捕まえてみようと思ったが、川の奥深く泳いでいってしまい、捕まえることが出来なかった。

西中出身の知人に聞いたら、昔からこの小川には牛蛙や蛇がたくさんいる話を聞いた。


nisihata014.jpg


冒険心が沸いてきた。今度網をもって牛蛙を捕獲しよう。

別のブログにも書いた。


 


その2に続く

関連記事
スポンサーサイト
Comment
Re: コメリ民 さんへ
コメントありがとうございました(^_^)

野糞も同じ年の頃は田沼が嫌いなので、東京や京都や長野や静岡、福岡などに住んでました(^_^)

免許取ったらおさらばしてください(^_^)免許なくともうまく考えれば田沼を離れる手段はいくらでもあります(^_^)

時間が経って田沼を懐かしく感じればそれが故郷を思う心であり、故郷の素晴らしさを感じてくると感じます(^_^)そのとき帰りたくなったら帰ればいいし、帰れなかったらこのようなサイトで風景見てください。

何よりも若い人はもっと野望を抱いて都会に行って成功して欲しいです。

それは田沼に住んでいるじいさんばあさん、おっさんおばちゃん、学校の先生や市会議員のおっさんも田沼の若者に望んでいることだと感じます(^_^)



> 一通りブログの画像見ました
>
> どこも一瞬見ただけで場所が浮かびます(笑)
>
> 私はまだ田沼好きになれないな
>
> 免許取ったらおさらばします
一通りブログの画像見ました

どこも一瞬見ただけで場所が浮かびます(笑)

私はまだ田沼好きになれないな

免許取ったらおさらばします

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。