imagemreguri.jpg

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安蘇川橋周辺(多田地域)を歩く4、安蘇川橋景色

2010年03月04日

その1その2その3の続き

安蘇川橋をゆっくり眺めてみた。

橋の奥に見える工業団地と諏訪岳の景色が美しいと感じた。

 

 

aso4001.jpg


この日は良い冬晴れで、散歩するのに本当に良い日和だった。

記事を書きながらまた散歩したいという気持ちが募ってくる。 

 

aso4002.jpg

 

 「あそかわはし」ではなく、「あそがわばし」と読むようだ。

aso4003.jpg

 

 トラックを見れば分かるようにこの橋は狭い。そして、道もでこぼこで渡りにくくなっている。

ガードレールの補強もされている。

aso4004.jpg

 

 しかし、趣のある橋でしばらく見ていても飽きない。田沼多田地域の匂いをたんまりしみこませているかのようだった。

aso4005.jpg

 

 橋から南方向の道も歩いてみた。サイクリングロードのところまで歩いてみようとは思ったが、けっこう疲れてもきたので、途中で引き返した。

aso4006.jpg

 

 引き返しながら橋を眺めてみた。平安な気持ちが芽生えてくるのである。

aso4007.jpg

 

 おじいさんと孫が散歩していた微笑ましい光景だった。このように多田地域の人々に愛されている橋だ。

aso4008.jpg

 

 橋もだいぶ古くなってきているから、ひょっとしたら数年経ったら新しい橋になってしまうかも知れない。そうしたらこの風情を堪能するなら今しかないなと感じるのである。

aso4009.jpg

 

 遠くには葛生の石灰工場が見える。ここは田沼と葛生の境目の場所で、飛駒や野上地域とは少しばかり人々の性格や雰囲気が違う感じもする。

旧田沼町という小さな町でもそれぞれの地域でいろいろな文化や考え方がある。そういったところをこのブログで表現したい。

aso4010.jpg

 

 安蘇川周辺散策シリーズもこの記事で終わりだが、犬の散歩にしこたま歩いてみよう。

 

関連記事
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。