imagemreguri.jpg

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山王操神社と下彦間公園

2009年12月29日

 

 ゼンリンの住宅地図で田沼の史跡を調べてみたら、「山王操神社」の存在に気づいた。

どのような神社かサイトなどで調べても出て来なかったので、行ってみることにした。須花地域にある神社である。

 

 

 下彦間公園の中に神社はあった。小さな公園だが、公民館もあり地域のコミュニティーには大切な箇所でもある。

sannou001.jpg

 

 祠は新しく建て替えられてある。それだけ信仰が厚いのがよくわかった。

sannou002.jpg

 

 中を撮影してみた。歴史を感じる祠であった。きちんとお供えもされてあった。

sannou003.jpg

 

 どうして「山王操神社」という名前がついたのかはわからない。

しかし、山王信仰という比叡山の信仰は昔からあり、日本全国に広まっている。山王神道の信仰ももある。場所的に江戸時代以降にこの地で山王信仰が流行っていた流れかもしれない。

sannou005.jpg

 

 そしてこの地域の山王操信仰が発展し、今も公民館となり人々が集まって交流している。

sannou006.jpg

 そしていつまでも信仰が途絶えることはなく現在に至っている。とても素晴らしいことである。

 

 

sannou007.jpg

 

 近所の人に神社の謂れを聞いてみたくなった。しかし、歩いている人の姿は見えなかった。

sannou008.jpg

 

 もう1度訪問して、神社の謂れを聞いてみたいと切実に感じたのである。

sannou009.jpg

 

 公園も神社も綺麗に整備されていた。

sannou010.jpg

 

 これから先も地域のコミュニティに貢献する場所だと感じた。

sannou011.jpg

 

 

周辺はのどかな山村風景である。山を越えれば足利市になる。

 

 

sannou013.jpg

 

 

関連記事
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。