imagemreguri.jpg

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

船越橋周辺を歩く:その1

2009年10月26日

 船越橋の周辺を散策してみた。

旗川の水はどこから枯れてしまうか調べたくなったのもある。

この地域では水が流れていた。

そうなると、船越から1,2キロ下流のところで川の水が地下に潜ってしまうのだろうと推測できる。

ついでに地図をクリックすると、詳しい地図にリンクできるようにしておいた。

huna0000.jpg

 

 

 船越橋は貴重な橋だ。野上地域に通じる橋なのと、この道をまっすぐ行くと古越路トンネルを通り、葛生に繋がる。

 

huna1001.jpg

 

 秋空で絶好の散歩日和だった。

huna1002.jpg

 

 土手の景色も素晴らしかった。

huna1003.jpg

 

 草がたくさん生えてはいるが、きちんと川の水が流れていた。

huna1004.jpg

 

 橋から見える遠くの山々が美しい。

huna1005.jpg

 時間を潰すには本当に良い場所であった。

 

huna1006.jpg

 

 川の水も綺麗だ。蓬莱山から流れる清水が汚されないまま流れているかのようだった。

huna1007.jpg

 

 しかし水には勢いがなく、そろそろ水も涸れてしまうのではないかという雰囲気だった。

huna1009.jpg

 

 この辺りは夏はヤマメやイワナが釣れるようだ。たくさん放流をしている。鮎も釣れる。夏に行けたらよかったと感じる。

漁協のページ

 

huna1008.jpg

 

 川の曲線と土手の曲線、そして青空と山と雑草たちの色合いが美しい。

huna1010.jpg

 

 

 パート2に続く。

関連記事
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。