imagemreguri.jpg

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菊川(菊沢川)周辺を歩く1

2009年10月01日

菊川周辺を散歩してみた。

この地域の菊川の水は綺麗だ。子供の頃はよく魚とりをした。

吉水小学校あたりまでは美路川という名前だが、小見地域に入ると名前が菊川になる。おそらくどまんなかたぬま辺りまでが「美路川」で道路越えたら「菊川」になるのではないかと思う。詳しくはわからない。

しかし、菊川と名前が変わると、水がかなり綺麗になるので驚く。小見のどこかで綺麗な水が湧き出ているのだと感じる。

川の不思議さだ。

ついでに産業道路を挟んだ田園地域も以前記事にした。

新吉水(小見)土地改良竣工記念碑

imagekiku.jpg

 

 

遠くにはどまんなかたぬまが見える。

この地域は、水田地域でおそらく田沼で一番米が取れる地域だと感じる。


kik1001.jpg



のどかな風景だ。調度稲刈りをやっていた。菊川の水も綺麗で、本当にこれが美路川なのかとびっくりしてしまう。

kik1002.jpg


この辺りは、子供の時によく遊んだ。トカゲを捕りに行ったこともある。ほとんどがカナヘビだったが。

kik1003.jpg

 亀とかもたくさんいる話を聞いているが、この日は見つけることができなかった。

kik1004.jpg

 

遠くには、唐沢山が見え、新吉水の町並みも見ることができる。

kik1005.jpg

 

広い田園風景だ。

kik1006.jpg

 

 

 区画整理で、新しくこの菊川は川を作り用水路として使われたのだろう。真っ直ぐな川だ。

kik1007.jpg

 

昔は、どまんなかたぬまも田園風景だった。子供の頃の記憶が蘇る。

kik1008.jpg

 

ついでにこの田園地域の産業道路を挟んだ地域も大きな田園地域となっており、以前記事にしたことがある。

http://kobo19720418.blog2.fc2.com/blog-entry-412.html

 

kik1009.jpg

 

足利の山がよく見える。のどかで良い気分だ。

kik1010.jpg

 

夏の名残で、菊川周辺にはたくさんの草が生えていた。これから枯れて行き。川の様子をよく見ることができるのだろう。

kik1011.jpg

 

太郎も喜んでいた。

kik1012.jpg

 

田沼は昔はこのように米作りが盛んでもなかった。田沼の名前は田沼家から来ている。

kik1013.jpg

 

この辺りはおそらく蛍が飛んでいるかも知れない。夏に調査してみたい。なぜなら美路川の田沼団地周辺で蛍を今年見たからである。

kik1014.jpg

 

この川のどこかで、綺麗な水が湧いている。どこからか知りたい気持ちにもなっていく。

近くには、才川の水源地もあるので、伏流した川の水が一気にこの周辺で湧いて出てくるのだろう。

kik1015.jpg

 

少年のときの気持ちに戻ってくる。

kik1016.jpg

 

小さなはやがたくさん泳いでいた。

kik1017.jpg

 

平和な川である。しばらくのんびり散歩をしたのである。

kik1018.jpg

 

水草もたくさん生えている。川の上流ではない美しさを感じる。

kik1019.jpg

 

太郎も水を飲みたがっていたが、川に降りる勇気がなかったようだった。

kik1020.jpg

 

南小見地域は、この菊川が名産だとつくづく感じるのである。しばらく川の流れを見て過ごした。

kik1021.jpg

 

 

パート2に続く。
 

関連記事
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。