imagemreguri.jpg

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野上川(旗川)と彦間川の合流地点その2

2009年09月17日

 前回の続き

わずかながらであるが、旗川の水も流れていて、彦間川の水と合流して、大「旗川」になっていた。

川と川の合流地点は心が和む、血液の血管のような気持ちやフラクタルの動きのような気持ちもしてくる。

そりゃちと大げさだな。

 

hatahiko012.jpg

 

 大合流地点では、彦間川の水が、旗川の方に入り込んでいて、流れのない綺麗な水溜りとなっていた。

 

hatahiko013.jpg

 遠くには、あくと橋が見える。以外にあくと橋から近いのがわかる。

 

hatahiko014.jpg

 あの「あくと橋」を超えると、大きな公園があり、いつも太郎の散歩場所となっている。

ちょくちょくこのブログにも書いている。

 

hatahiko015.jpg

 

 光が反射して川が綺麗だ。田沼地域では、確実に秋山川よりも水が綺麗である。

hatahiko016.jpg

 

 もう川も秋だ。

hatahiko017.jpg

 太郎も初めて来た場所であるので楽しく川で遊んでいた。

hatahiko019.jpg

 北関東自動車の工事の影響を受けているが水が綺麗なのは、この周辺にはたくさん水が沸いているところが多いからなのであろう。

hatahiko020.jpg

 いつまでも川をみつめていた。

hatahiko020.jpg

 焚き火の跡もあった。ここでバーベキューとかをやったのであろう。それだけ魅力のある場所だ。

hatahiko021.jpg

 田沼の野上地域と飛駒地域の別の山を流れていた水がここで合流する。感動する。

hatahiko022.jpg

 今年はやたらに川に追及したくなっている。

hatahiko023.jpg

 写真を撮る練習も兼ねているけど。

hatahiko024.jpg

 太郎は私の心情と似た感情になり、川に入り遊びまくっている。大いに遊んでくれ。

hatahiko025.jpg

 ここにも水が流れていたら、本当に爽快な気持ちになれただろう。しかし、もし水が流れていたら、ここまで歩いて来る事ができないだろう。

hatahiko026.jpg

 水の湧いているところに行ってみた。小さい魚が泳いでいる。

hatahiko027.jpg

 大きな魚は誰かに捕られたのだろう。サギや鵜とかに。

hatahiko028.jpg

 旗川にはこのように水が湧いている箇所がたくさんある。

hatahiko029.jpg

 その湧いた綺麗な水が、下流に流れていく。下流ではサケが登って来る。

大小山便りを見ればわかる。

hatahiko030.jpg

hatahiko031.jpg

 

 太郎は相変わらず川を堪能していた。

hatahiko032.jpg

 彦間川の方では、この間行ってきた、「久保橋」が見える。

合流地点に行ってみたいと思ってたのが実現出来てよかった。

hatahiko033.jpg

 この時期に見にいけてよかった。真夏だったらもっとたくさん虫が跳んでいただろう。

hatahiko034.jpg

 ここはあまり水が湧いていないようで、たくさんアオコのようなものがあった。秋山川かのようだった。

hatahiko035.jpg

 新たに水が湧いているとこを発見した。

hatahiko036.jpg

 

 これからトンボがたくさん卵を産むのだろう。

hatahiko037.jpg

 

 帰りに太郎がこの中に動物がいるのを発見した。

hatahiko038.jpg

 何の動物かは分からなかったが、潜って捕まえようとしていた。結局捕まえられずに諦めたようだ。

hatahiko039.jpg

 


 最後にもう1度地図を載せて置こう。

地図をクリックするとヤフーの地図にリンクできるようにしてある。

 

imagehatahiko.jpg

 

 

 

 

 

 

 

関連記事
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。