imagemreguri.jpg

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛駒和紙会館(飛駒、根古屋森林公園内)

2009年05月31日

飛駒和紙会館は、根古屋森林公園内にある。

 

飛駒地区は昔から和紙作りが盛んだった。

桐生の梅田地区とともに産業の1つであった。私は梅田で和紙作りの手伝いをたまにしている。

和紙の作り方は奥深いものだといつも痛感しているのである。

 

 

hikowasi001.jpg 

和紙会館は佐野市も力を入れて運営しているので何か良いと感じる。

ついでに桐生梅田にも和紙工房があり、星野氏が今でも精力的に作品を作っている。

http://blogs.yahoo.co.jp/xbwgc030/57014157.html

 

 

 

hikowasi004.jpg 

 

和紙会館の工房の中は充実していた。気軽に誰でも和紙がすけるようになっている。

 

和紙をすく前の作業は大変だ。こんな感じで作業をする。

http://blogs.yahoo.co.jp/xbwgc030/57035741.html

 

ついでにこんな感じで和紙をすく(^_^)ヤフーで和紙教室をしているときの記事だ。

 

http://blogs.yahoo.co.jp/xbwgc030/55251549.html

http://blogs.yahoo.co.jp/xbwgc030/56022561.html

http://blogs.yahoo.co.jp/xbwgc030/56654108.html

http://blogs.yahoo.co.jp/xbwgc030/56967793.html

hikowasi005.jpg 

和紙を乾かすボイラーも大きい。

ついでにこんな感じで乾かす(^_^)

http://blogs.yahoo.co.jp/xbwgc030/55163165.html

 

 

hikowasi006.jpg 

飛駒和紙の館長亀山 喜平氏のことがが書いてある新聞記事。

hikowasi007.jpg 

ここで作られた和紙が販売されている。

hikowasi008.jpg 

 

芸術的な作品もたくさんあった。

 

hikowasi009.jpg 

オニヤンマとカラスアゲハの死骸が印象的だった。

オニヤンマは飛駒でよく見かける。

hikowasi010.jpg 

葉書10枚で600円なので以外に安いなと思った。

 

hikowasi011.jpg 

和紙会館の中を十分堪能して、和紙会館を後にした。私も桐生で和紙作りを手伝うときがあるので、かなり勉強になった。

 

hikowasi012.jpg 

裏にはこうぞの皮をはいで残った木が置いてあった。薪に使うとよく燃える。

こうぞの皮をはいで鍋で煮て、繊維をやわらかくしないと紙にならない。

こんな感じで煮る(^_^)

http://blogs.yahoo.co.jp/xbwgc030/56105679.html

hikowasi013.jpg 

 

和紙はこうぞのほんの1部を使って作る。このように手間がかかっているのである。

しかし和紙作りは楽しく、野糞の働く林間学校では毎年たくさんの親子がやってくる。

 

 

hikowasi014.jpg 

 

 

念のために地図を載せておいた。

 

imagneko.jpg 

 

関連記事
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。