imagemreguri.jpg

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年唐澤山神社初詣

2009年01月01日
今年も毎年恒例の唐澤山神社の初詣に行ってきた。


今回は母が入院していたので、父と姉と太郎で行ってきた。

姉がそろそろ嫁に行くので来年は母を含めて3人と太郎と一緒に行くことになるだろう。


そして、唐澤山の初詣は私が生きている限りずっと続けていくのだろうと思う。




oo1.jpg

いつも通りの見慣れた光景だ。しかし、毎年この日になると、地方に分散してしまった田沼の人たちがここにやってくるような気がした。


oo2.jpg


太郎もこの初詣に慣れてきたようで、いつもよりもおとなしくしていた。

というのは嘘で、動き回っていて大変な感じだったが、太郎を連れていくのも習慣になったので、来年も行こうね(^.^)


oo4.jpg

たくさんの人がこの時期になると唐澤山にやってくる。普段はあまり人が来なく、走り屋の兄ちゃんが暇つぶしに来ている程度である。

以前、田沼駅から唐澤山まで毎日走っている人を見たことがあるが、今はどうしているのだろう?



oo5.jpg

武士が馬の訓練をした場所である。確かにそう感じる。昔はもっとこの道も狭かっただろうし、土だらけだったから、本格的な馬のトレーニングができたのだろう。



oo6.jpg


父が階段を上がる。母がこのときは大変な状況だったので、いくらか哀愁が漂っている。私もこのとき母が心配で心が晴れなかった。


oo8.jpg


時折、皆どんな願い事をしているのだと気になるときがある。今回は母が早く元気になるように願った。おかげさまでかなり元気になって、畑仕事もやっているので、本当によかった。

それと、今年は厄除けしたほうがいいかなという気持ちにもなっている。


oo9.jpg


毎年恒例の交通安全のお守りを買って、名前を書いて貰うのをまっていた。野糞は唐澤山のお守りを買ってから無事故である。スピード違反は多いけど。
1000円払う価値があるだろう。

oo10.jpg

今年は丑年だったな。俺も37歳になる。相変わらず自由に生きているなと自画自賛しながらも野糞道を突き進んでいるんだろうなという気持ちになっていった。



oo11.jpg


次の犬年までは太郎は生きていないだろうなと何気に思った。

oo12.jpg


たくさんの人がおみくじを笹に巻いていた。今年はわざとおみくじは引かなかったが、父と姉は2人とも大吉だった。野糞が子供の頃はおみくじが50円だったはずだが、今は200円で高いなというけちる気持ちと、おみくじひいて喜んでいる自分であってはいけないなと思ったのである。

oo13.jpg

ここ2年くらいこのブログの更新を怠っているな。

しかし、今年はいろいろなことに挑戦したいので、どんどん更新していこう。

佐野坂東巡り2順目を必ずやってやろうという気持ちになった。

関連記事
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。