imagemreguri.jpg

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太郎と唐沢山天狗岩

2008年08月16日

太郎と久しぶりに唐沢山の天狗岩に行ってきた。

この時期の唐沢山は夕方行くと涼しくて良い。

観光客もほとんどいない。

駐車場に車をとめて音楽を聞いている孤独な人も数名いたりする。

バイクでここまで来て何気にぼんやり風景見ている人もいた。

しかし、たくさん人が集まる唐沢山は正直嫌いだ。

だから、こんな感じでいいのだと勝手に思う。

DVC00031.jpg


太郎もここが気に入っているようで、綱を外したら、すぐさま上まで登っていった。


DVC00030.jpg

少しは涼しくなったが、まだ田沼も暑い。太郎も息が切れているというか犬独特の汗かきをしている。


DVC00032.jpg


太郎もここから見る田沼の風景が好きなようだ。


DVC00033.jpg


岩場をうろうろしてやがる(^.^)やっぱり冷たくて涼しいのだろう。


DVC00034.jpg


穏やかな気持ちになっていく。


DVC00035.jpg

久しぶりにのんびりとしているような気持ちだ。俺は働きすぎかもしれないな。
しかし、こののんびりした街で毎日このようなのんびりした生活を送るのはよくない。
たまにだからいいんだと感じる。


DVC00036.jpg


ここからだと、佐野の中心街が結構都会に感じるような気がする。そうだ、もう田沼は佐野になっているんだな。

DVC00037.jpg

太郎も本当にここからの眺めが良いのだろう。


DVC00038.jpg

後姿に変な哀愁を感じてしまう(^.^)風景を満喫しているような感じだ。


DVC00039.jpg

太郎、そろそろ帰ろう(^.^)




関連記事
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。