imagemreguri.jpg

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栃本にあったお稲荷さん

2008年05月27日
前回の記事の続きになるが、散歩の途中で、神社らしき祠をみつけた。

最近、田沼寺社巡りをしてなかったので、早速見に行ったのである。

栃本はまだ歩いてない道が多々あるので、何かの史跡がこれからも見つかると思う。

冷静に考えると、まだま田沼にはたくさん祠や、観音堂や、馬頭観音などがあるに違いない。何十年かかるかも知れないけど、田沼散策は忘れてはいけないと感じた。


aPICT0497.jpg
耕地記念の碑も建てられてあった。

推測すると2つ考えられる。1つは、以前からこの地域に祠があって、耕地整理をしてなくしてはいけないと感じ、新しく作りかえて、ここに移動したのか、もしくはこの新しく整理した耕地を守ってもらうために建てられたかどうかである。

aPICT0498.jpg


小石をどかし、扉を開けてみたが何も祭られてなかった。それなので、実際お稲荷さんかどうかも分からなかったが、祭られてあるとすれば稲荷だと感じたのである。


aPICT0499.jpg


もし、この祠が大昔からあり、語り継がれてきたものだったら、何か寂しい感じもする。
謂れもわからない。しかし、旧田沼にはこのような祠がたくさんある。


aPICT0500.jpg


このあたりは見晴らしが良い。だから、農家の人々はこの祠を耕地作業をしながら、ずっと見ているのだろう。そして、熱心に手を合わせて、豊作を祈っているに違いない。


aPICT0502.jpg


まだまだこのような祠をこれからも探し続けていきたいと願って、手を合わせて散歩を続けた。




関連記事
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。