imagemreguri.jpg

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉水地区のプチ史跡巡り(散歩がてら)

2007年12月19日
今年はいろいろと忙しいかった。

群馬県障害者雇用サポーターの仕事はまあまあしんどい。

前橋地域の企業訪問を毎日しているが、私も思った以上に器が小さいのと口下手なので、接客するのにエネルギーを使う。断られたらそれでいいと思ってやっているので、訪問件数が増えて行く。それは自分の心の修行かもしれないなと思いながら生活しているが、家に帰ると疲れてしまってすぐ寝てしまい、夜遊びも最近しなくなってきている。

それは良い事か悪い事かよくわからないが、史跡めぐり、ブログ作りにたいする熱意もなくなってきている。

年末の追い込みのような記事作りかもしれないが、終わりよければすべて良しという気持ちでもいいか。


ここは、以前書いた「小見の天満宮」だ「養蚕額」のある神社である。

P1010087.jpg

その向かいは以前権現沼があった場所である。子供の頃にはあったけど、今はもう道路になっていて、その跡すらもわからない。


P1010088.jpg


そしてその向かい側には「小見の地蔵様」がある。


P1010089.jpg



取り上げた当初は、田沼の有形文化財だったが、時の流れを感じる。今は佐野市の文化財である。

P1010090.jpg


地蔵様を初めて見たのは4年だが、あれから変わっている様子はなく。今でも小見地域の平和を守っているかのようだ。


P1010091.jpg



この地区の平和はしばらく続くのだろう。


P1010092.jpg



しばらく歩いた。そして吉水、小見地区からそれて、こばと幼稚園のある通り、田沼地区まで歩こうとしていた。

ここでも高速道路の建設が進んでいる。

P1010093.jpg


このあたりは私が幼少の頃から何の変化もなく、畑ばかりの地域である。30年以上もこのような感じなので、幼稚園の頃が自然と思い浮かんでくる。夢や希望をたくさんもっていた。


P1010094.jpg



高速道路が出来たら、この地域の風景はどうなるのだろうかなという気持ちになりながら工事中の橋げたの写真を撮った。車の音でそりゃうるさくなるだろうが、民家もあまりないからなという気持ちになったが、何か高速道路はだいぶ低い所を通るんだろうなという感覚がした。


P1010095.jpg



来年はこのブログをどこまで書くことができるかはわからないけど、このブログがここまで書き続けることができることは奇跡的な気がする。何より私は飽きっぽい性格で、例えば女性と付き合っても1年以上は続かない自由気ままな性格なので、ブログにしても長く続かないだろうなと思っていた。

しかし、このブログもそろそろ4年続いていくことになる。来年はもっとたくさん書きたいなと今の段階では思っている。

関連記事
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。