imagemreguri.jpg

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唐沢山神社で初詣2

2007年01月01日
唐沢山神社の名物とも言えるボーイスカウトの駐車場誘導を見た。何か少年たちを見て、新年になったんだと思えてくる。

正月だけはこんなによく人が来るもんだと感心してしまうのである(*^。^*)

ナンバー見てると他府県ナンバーを良く見かける。皆田沼にゆかりのある人なのか、たまたまなのか、もしくは佐野厄除けみたいに初詣が習慣化してしまったかどうかはわからない。しかし、たくさん人がここで初詣をしに来てうれしい気持ちもあるのである。



P1010068m.jpg

天狗岩の道しるべも私が子供の頃は小さかった。木で書かれた標識しかなくて、子供の頃はまじに天狗岩はどこなのか分からなかった。いつも唐沢山に登ったときによる、岩のごつごつしたところだったんだなと小学高学年のときに気づいたくらいである。

ここは朝早く見渡すと富士山や筑波の山が綺麗に見える。
P1010069m.jpg


少ないけど、露店もある。毎年ある。とうもろこしとかだったのだが、今は焼きそばとたこ焼きとりんご飴やわたがしだった。
子供の頃はやたらに食いたかったけど、高かったから食べさせてくれなかったのを思い出した(*^。^*)今はさして食いたい気持ちも沸いて来ないから時の流れを感じてしまうね(*^。^*)

P1010070m.jpg


全然関係ないが、正月の初詣ではこのドライブインの前に車を停めたことはないな。いつも入り口のがけの側だな。昔はそのがけに大きな穴があいているところがあった。今は綺麗にされて塞がれてしまっている。

P1010071m.jpg

太郎を連れて歩いていった。途中和合稲荷を見つけた。まだ田沼神社仏閣巡り隊の神社一覧に載せてなかったから載せなくてはいけないな。

このブログにも載せなくてはいけないか。最近神社巡りしてないからまた再開させないといけないか。

P1010072m.jpg


唐沢山神社の由来が書いてある。唐沢山は有名だし、何度かこのブログにも載せているからもう書かないけど、とにかく田沼と言えば、稲荷神社と唐沢山と言っても過言ではない。藤原秀郷の作った街である。
そればかりではないが、歴史の教科書に載る人物が住んでいた地域なのは旧田沼町民の誇りでもある。旧佐野市のほうが熱は入れているかもしれないけど。

P1010076m.jpg


神社にい辿り着いた。途中太郎に神水を飲まし、巫女さんかわいいかじろじろ眺めてたりしてたら写真をなかなか撮ることできなかった(*^。^*)知っている女の子が、佐野厄除大師で巫女さんのバイトをやると言っていたが、こっちでバイトしたほうが楽かも知れないなとも思ったり(*^。^*)


P1010077m.jpg


神社に手を合わせて今年はいい年でありますようにと願った。

どうせ今年もいいろいろと大変なことばかりかも知れないけど、神社に向かうと新鮮な気持ちになる。いつものパフォーマンスはしなかった(*^。^*)

いつも通りにお札を買い、それから交通安全のお守りを買いおみくじを買った。

結果は末吉でした(ーー;)

P1010079m.jpg


大吉引いてやなことあったらふてくされそうだから、末吉でよかったなと思い、恒例の笹におみくじを巻いて良い年でありますようにと願った。

ついでに私のおふくろは、毎年いつも大吉が出るまでおみくじを買いまくっている。5回くらい買ったこともあるので、今回は一発で大吉が出たようでよかった(*^。^*)お金の無駄使いやし。

P1010080m.jpg


ほのぼのとした気持ちで唐沢山神社を後にした(*^。^*)
人々の笑顔が絶え間なかった。それを見ているだけでもなんか幸せな気持ちになっていった。

P1010081m.jpg


私は、稲荷神社にも行かなくてはいけないなという気持ちになった。

それなので帰り寄ることにした。
関連記事
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。