imagemreguri.jpg

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自宅で芋フライ

2006年11月28日
前回、にょりさんより家で芋フライを作ってもあまりうまくないようなコメントを読んだが、私の家の芋フライも正直あまりうまくないので何かさびしいもんです(*^_^*)

2週間に1回くらいのペースで家で芋フライを食べているのに気づき、写真に撮ってみた。


しかし、うちの芋フライは6個つきで豪快である。



img_1459367_42518783_0.jpg
芋フライは、どっちかと言うと旧佐野地域の名物のような感じもする。

しかし、田沼でも肉屋でも売っているし、芋フライ屋さんもたくさんあるし、町営プールの帰りに食べた芋フライの味は今でも忘れることができない。






旧田沼町だけでなく、旧葛生町でも芋フライ屋さんは何件かある。中村のプールでも売っていた。

家で何気に食べている芋フライを眺めながら昔のことをたくさん思い出した。

img_1459367_42518783_1.jpg



結論を言うと、お店の芋フライよりも家で食べる芋フライこそ故郷田沼の味だと思う。芋フライはジャガイモさえあれば世界中のどこでも作ることができる。おいしいおいしくないはおいといて(*^_^*)

最近、自宅で芋フライを作る佐野地域の人々はどのくらいいるのだろうか?メンチカツやとんかつの方が確かに贅沢でおいしいとは思う。

しかし、家で作った芋フライも忘れてはいけない気がした。

田沼を離れた人々が、その場所で芋フライを自分で作って故郷を懐かしんで食べている光景を頭に思い浮かべると素晴らしい気持ちになっていく。
そして田舎の味を思いだそうと、いろいろと改良を加えて揚げてみる。うどん粉の量やパン粉の量、揚げる油の温度、揚げる時間など、またソースの種類を変えて故郷の味を復活させようと思っている限り、田沼町は消えないだろう。
関連記事
スポンサーサイト
Comment
やっぱ
押山の揚げ物は人気なんですね(笑)
押山の揚げ物の入り口はアメリカンドックだったかも・・・
押山のとんかつも
押山のとんかつもうまいので有名です。佐野にとんかつのうまい肉屋があるという噂を聞き、買いに行って皆で食べたけど、押山の方がおいしいと言ってました(*^_^*)
にょりさん
『押山精肉店』の件
確かに! 私も『押山精肉店』に一票です(笑)

こんどいつ田沼に帰れるかわかりませんが、帰省したときの『食べる楽しみ』が増えました。
しかし母に「ウチのご飯も食べろ!」と文句云われそうですが(笑)
芋フライは・・・
店で買うモノは串に差して、家では串なしが基本でしょうね。家で作るのはどうしても大きめになってしまいますね。もしかしたら芋フライの大きさと味に関係している様な・・・ソースのつき方も変わってきますし・・・それと、芋は揚げる前に蒸かしてからが絶対条件ですね。たぶん田沼町民はコロッケより芋フライを食べた量の方が多いと思います。自分の揚げ物の推奨店は原町の押山精肉店でしょうか(笑)
コメントありがとうございました
家も以前は串刺しではなく、団子を冷凍して定期的に揚げてましたが、最近は暇みたいで串刺しにしてます(*^_^*)九州で芋フライを食べてくださって何かうれしいです。わたしも福岡に住んでいた次代もありましたが、芋フライはなかったので、九州でたべたかったです(*^_^*)
芋フライのスタンダードは『串ざし』なんでしょうかね~。
ウチでは、母親が「めんどくさい」という理由だけで、串無しの芋フライでした。
コロコロとひとつずつになっているのです。
大きさもかなりでかくて、ヘタすれば揚げが不充分で芯が残ってたりして(笑)

そんなことを想い出しながら、妻に作ってもらった芋フライを食べている……九州の秋です♪

管理者のみに表示
Trackback
佐野は芋フライで有名な地域だ。たくさんの芋フライの店がたくさんあり、サイトなどでも紹介されている。しかし、家庭で作る芋フライが一番良いと勝手に思った(*^。^*)= [[attached(1,center)]] =母は家の畑でじゃがいもが取れる時期になるとしばらく芋フライを作ってくれる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。