imagemreguri.jpg

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小見地域の散歩 2

2006年08月25日
散歩はさらに続いた。この散歩には目的があって、森田屋ラーメンまで歩こうと思っていた。

またこばと幼稚園もあるので、バスの写真を撮ろうとも思っていた(*^_^*)

夏もたけなわで、緑の雑草や木々、それに田んぼの稲を歩きながら見ていると何か美しく感じて来る。実に気分の良い散歩であった。


P7160111.jpg

歩きながら振り向き写真を撮った。
この林の道を進んで行くと仮運動場がある。子供の頃はよくくわがた虫を撮りに行っていた。

場所的に人っ気のないとこなので、夜歩くと確かに怖いような気がする(*^_^*)ついでに営業で薬屋さんを一時期やっていた頃があり、このあたりで営業中交通事故をやってしまったことがある(~o~)示談ですんだが、私の田沼での唯一の交通事故だった(*^_^*)


P7160112.jpg



向かいは墓場だが、ここには町指定遺跡 赤尾清三郎の墓がある。赤尾清三郎は、備後福山の儒学者であった赤尾秀実の孫で、各地を歴遊し、天保から慶応にかけて約20年間田沼村大関で塾を開いていた。子弟たちは数百人に及んだそうである。
1867年、日吉邦助と名を変えて倒幕の工作に参加していたが、自主して護送中この辺りで処刑されたらしい。 詳しくは前書いた記事を読んでね(*^_^*)
P7160113.jpg


そろそろ散歩も終わりに近づいた。いつもの日常かもしれないが、こうやってブログで書いていくと変に日常のことも楽しく感じて来る。


田沼町を忘れない。
関連記事
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。