imagemreguri.jpg

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の特別企画 化石採りツアー1

2006年04月30日
化石館のボランティアを先々月からやり始め、GWの化石採りツアーに参加させて頂くことができた。

隣の旧葛生町は石灰の街で、古生代の化石などがたくさん採れる地域である。

今回このツアーに参加できたことを本当にありがたく思った。

「田沼町を忘れない」から始まり、今度は「葛生町を忘れない」を作っている最中で、葛生町の知識を得るために始めたボランティアだったが、化石と言う古代の生物の屍の石を探すことは、本当に「葛生町を忘れない」という目的に近いと感じる。


P4300015.jpg

仙波の山奥の林道に行った。親子連れのツアーで、子供たちの化石に対する探究心に圧倒された。新聞記者も同行していた。


P4300014.jpg


美しい奥深い山だった。春に訪れることができて本当に爽快な気持ちになれた。

P4300016.jpg


山の中はこれからたくさん雑草が生い茂る前だった。夏が来るのを待っているかのようだった。

P4300017.jpg


この石たちも古代は生物だったのかもしれない。もしくは川の堆積によりできたかもしれない。

P4300018.jpg


目的地までは結構きつかった。腰を痛めてしまった人もいた。私も徹夜明けだったのできつく感じた。しかし、以前に根本山で体をと心を鍛えたので、思ったほどは楽に感じた。

P4300019.jpg


急な上がり坂をひたすら歩いていった。汗もたくさんでたし、息も切れた。

P4300020.jpg


どんどん上がっていった。

P4300021.jpg


そして、目的地に着いて、化石採りを始めた。子供たちの熱意に感動した。続きに詳しく書こう。

続く

関連記事
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。