imagemreguri.jpg

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天満宮(飛駒)

2005年10月17日
根本山神社以外の神社で、旧田沼町で一番西にある神社だと思う。

前回、なかなか見つけることができなかったのだが、地図にきちんと載っていた。

田沼には天満宮が3つある。新吉水小見そしてここ飛駒だ。それだけ昔から天神様を民は崇拝してたり恐れていたのだろう。


PA230070.jpg

click!
田沼の天満宮には独特の感覚がある。あくまでも自分の主観的考えなのだが、「黒」というイメージがある。それは、静かな感覚、そして少し暗くて怖い感覚、それに変に歴史が長いのを感じてしまう。あくまでも主観的だが。

PA230073.jpg


江戸時代か明治時代の社務所だと思うが、この飛駒の地域にぴったりあってしまうのも変な皮肉も感じた。

PA230074.jpg


しかし、本殿は新しく建て替えられていた。それだけ信仰が厚いというのがわかる。そして山神社から近いところにあるので、両方ともこの地域の守り神だ。

PA230075.jpg


神社の別の意味での主人公、石碑や塚がたくさん存在していた。ひとつづつ本来ならば調べなくてはいけないかもしれない。本当に時間があればやっては見るが、はたしてこのブログはいつまで続くのだろうか?(笑)

PA230076.jpg


まるで新興宗教団体の事務所のような神殿。個人的な話になるが、私は新興宗教団体の信者である。最近まったくこんな感じの建物である事務所に顔をだしてなく、ひたすら休みの日は田沼巡りをしている。
主観的な宗教観になるが、教祖のいる信者が集まる事務所に行き祝詞をあげるよりは、田沼にたくさん存在する神々に会いにいったほうが今の私にはいいことに感じる。


PA230077.jpg


きちんと、赤飯がお供えしてあった。本当に近所の人々の信仰心はすばらしく感じたのと、変にお供えに芸術、美しさを感じた。

PA230078.jpg


裏には昔からある祠が祭ってあった。昔の天神様か別の神様かはわからない。だけど、堂々としていた。実は、一度降りてから振り返ったときにこの祠に気づいた。すぐさま戻り写真に撮った。俺を写してくれと言わんばかりだった。

PA230080.jpg



そして大和守氏指摘の通り、田沼町史神社一覧の神社巡りはこれであと、箕輪山神社と根古屋神社本殿だけになった。

どちらも山の中にあり、いくのはまあまあ困難だ。天神様に祈願した。

そして、田沼の各神社の神々が私を応援してくれるだろう。佐野坂東巡りの前に神社巡りを一回終わらさなければいけない。

体を鍛えて昔のように痩せて山の神様に会いに行こう。

関連記事
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。