imagemreguri.jpg

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉水小学校

2005年10月12日
我がノスタルジー、吉水小学校を訪れた。

最近治安が悪くなり、勝手に小学校に入ると怒られるのだが、勝手に入ってしまった。すいません(笑)(10月23日、日曜日)
もう吉水小学校を卒業してから21年経つのである。同級生こいたとジョニーと行ってみた。ついでにジョニーは小山の人間だ。

体が大きくなり、小学校がやけに小さく感じてしまった。


PA230007.jpg

click!

飼育小屋は相変わらずあった。昔は、孔雀、インコ、うさぎ、鶏、金鶏、はっかん、銀鶏などを飼っていた。動物が好きだったのですすんで飼育係をやった。


PA230006.jpg


見てみたら、うさぎがたくさんいた。他の小屋はやはりおそらくうさぎと鶏がいた。
平和そうだった。私が小学生の時もうさぎはいたのだが、よく穴を掘って逃げたりしていた(笑)

PA230004.jpg


秋空にのんびりうさぎが昼寝していた。

PA230008.jpg


プールも昔のままだった。夏休みは毎日のように泳ぎに行った。泳ぎ疲れながらも帰りはかぶと虫やくわがた虫を取りに近所の林に寄った。
純粋無垢な肥満児の少年だった。

PA230009.jpg


やっぱりプールも小さく感じた。それだけ体も大きくなったし、世界も当時は狭かった。20年後の自分はどうなっているのだろうと当時想像してたけど、塾の先生やらパソコン教室の講師、ついでに金融機関の営業マンをやっているとはさすがに思っていなかっただろう。
おまけに日本各地を営業で歩きまわったことなんか。

PA230010.jpg


私たちの時は校舎はクリーム色をしていたが、白く塗られていた。しかし、校舎の形は昔から変わらない。実に懐かしく感じた。

勅使河原先生が寄贈した日時計を探した。しかしみつからなかった。
勅使河原先生は私が吉水小学校にいるときに病気で亡くなられた。亡くなったあとに家族の人が小学校に日時計を寄贈した。ちょうどこの校舎の真ん中くらいのところにあったのだが、見つからなかった。

PA230011.jpg


ここには昔ジャングルジムがあった。よく休み時間は遊んだ。懐かしくなってきたさらに。

PA230012.jpg


グランドでは少年野球の練習をしていた。

PA230013.jpg


体育館も昔からのままだった。よく鳩が空調の排気口の換気扇のところに巣を作っていた。巨大な目玉の鳥よけをぶら下げていた。

PA230014.jpg



吉水小学校の名物の銀杏の木も何か小さく見えた。
子供の時は、かなり大きな木に感じた。しかしこの木は私の父のときからも生えていて、百年単位の巨大な木で、この吉水地区の子供たちをいつまでもいつまでも見守ったり、眺めて生きている。おそらく私がじいさんになってもこの木は残っているだろうし、私が死んでもいつまでも残っているだろう。少しうらやましきかなという気持ちになった。

PA230016.jpg


吉水小学校は身近な場所であるが、身近だから行くのを後回しにしてしまっていた。本来ならばもっと早くこのブログに書くべきだったかもしれない。
この小学校の子供たちには将来、自己批判をするわけではないが、私のような営業詩人と言っては、日々自己流に生きている人間になる大人にはなってもらいたくない。さびしいが東京や都会でいろいろなことで活躍して貰いたいと願う。都会とかの街の流れに身をまかせるのではなく日本、世界のリーダーになるような、何かの歴史を変えるよなそんな大人達になって欲しいと勝手ながら願うのである。
関連記事
スポンサーサイト
Comment
はじめまして
こんにちは。またきます。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。