imagemreguri.jpg

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鹿島神社(遥拝殿)

2005年10月07日
鹿島神社は、戸奈良にある。鹿島神社は日本全国にあるので有名だが、武甕槌神を祭ってある。茨城県の鹿島神社が有名である。


ついでにリンクしたページを読んでみたが、要は大国主命の出雲の部族を滅ぼして、さらに諏訪に逃げた子孫たちも滅ぼしたという具合なような気もする。神話の世界はよくわからない。


ついでに実際の戸奈良の鹿島神社はもっと山の方にある。行くのが困難なのでここに礼拝所を建てたらしい。
PA020052.jpg

click!

中には、浅間様も祭られていた。この神社は武士が作ったのだという感じがやっぱりしてくる。

PA020053.jpg


神殿は現代的で、観音様のお堂のような気もしてきた。

PA020054.jpg


中はまるで、私が信仰している神道系の宗教団体の事務所に似ていた。
鹿島信仰は、他の神社と違い、独特なものがあると一瞬思ったのである。


たくさんのこの地域の人々がここに集まって、詔をあげているのだろう。それだけ信仰が強いのがよく分かる。
PA020056.jpg

参道は何か風情があった。のんびり歩いてみた。

PA020057.jpg


社務所も立派であった。田沼の神社の中でなんか趣きが独特な感じがした。
PA020058.jpg


鹿島神社は昔から戸奈良の人々の集いの場所だったと感じた。農民たちが集まり、日ごろのストレスを発散するかのように酒を飲み大笑いし、そして無人や重要な話をし、団結を強めていったのではないかと感じた。
鹿島神社の神様は歴史を見れば強い神様だし、源頼朝らが統制に利用したくらいだから。

PA020060.jpg


今でも熱心に信仰されている。

関連記事
スポンサーサイト
Comment
そうですね。
石井包孝氏のことは安蘇の救民を救ったことしか残念ながらわからなかったです。田沼町史の1巻しかもってないのと図書館行く暇もないので、史跡を調べるのに限界がありますが、少しずつ調べて行こうと思います。

ついでに本宮の方にも昨日(22日)行ってきました(笑)
補足。
確か最初か2枚目の写真が通称「包孝(かねたか)様」だったかと。
石井包孝(江戸後期、関東の長者番付にも載った、当時の大富豪)が祭られているはずです。
この方、ただの金持ちじゃないです。詳しくは田沼町史を。

また、奥宮はすぐ近くまで車でいけます。駐車スペースもあります。
行ってみましたか?
去年だったか、彩色修繕をしたばかりです。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。