imagemreguri.jpg

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駒形神社

2005年07月17日
駒形神社は名前通り、馬関係の神社だと思う。大己貴命即ち大国主命をここでは祭っているらしいが、他の地域の駒形神社は、馬の神関係を祭ってある。とくにネットでは、岩手県水沢市の駒形神社が有名だ。
この地域の社務所は建物の形が長いのが特徴である。



P7100078.jpg

なかなか風情のある神殿だった。夏の暑い日には、ここで腰を降ろしてのんびりしたくなる。

P7100079.jpg


銃砲関係者の奉納額が飾ってある。鉄砲の神様でもあるのだろう。この地域は猟師はいなく、おそらく農家の人が休みのときに猟をしていたのだろう。


P7100080.jpg


赤い色がこの山間地域に目立っていい風情をかもし出してる。

P7100081.jpg


隣には、産泰神社も祭られてあった。

P7100082.jpg


新しく建て替えられたばかりだった。これから色が塗られるのだろう。


P7100083.jpg


新しい建物には昔の絵馬が掛けられてあった。天狗らしきものと庶民が戦っている図だ。



P7100084.jpg


やたらに銃砲関係の奉納が多かった。

P7100085.jpg


社殿は、歴史を感じることができる。そして立派な建物だ。この地域の人々も熱心に神社を信仰していたのがよく分かる。


P7100086.jpg


昔の絵馬もかけてあった。以外に絵もはっきりとわかる。公家が御褒美を与えているような感じの絵だった。

P7100087.jpg


他の神社も祭られてあった。何の神社かはわからなかったが。

P7100088.jpg


少し離れたところに馬の神様が祭られてあった。やっぱり駒形神社だわなという気持ちになれた。

P7100089.jpg


この地域には、それほど馬がたくさんいたわけではないと聞いた。むしろ馬はあまりいなかった。佐野氏などの武士が連れてきた馬のためにこの神社が作られたかもしれないが、定かなことは分からない。

ただ、この神社はこの飛駒地域の山並みに昔から今でもかなり調和して存在している。ここにいると自然とこの神社のあたりに馬がたくさんいてもおかしくはないなという気持ちになってくるのである。
関連記事
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。