imagemreguri.jpg

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

町天然記念物閑馬丸山のカヤ

2005年07月14日
閑馬丸山のカヤを見に行った。結構感動した。標識が出ているが、まあまあ入り口から歩いて行かなければいけなかった。しかし、そこまで行く価値がある巨木だった。

P7100019.jpg

入り口にはお地蔵さんや如意輪観音が祭られていた。
P7100020.jpg

大和守氏によりうと、お地蔵さんは首の部分がどうしても風化しやすいという。なのですぐ首が取れてしまうらしくこうやって後からつけなおしている。何か見ていると笑けてしまうが大切にされているのは確かにわかる。

P7100021.jpg


カヤに辿り着いた。かなり美しいし大きな木だ!!
P7100022.jpg


以前この地は墓地だったらしい、この木を切ると祟りがあるというので切らないで残ったそうだ。
P7100023.jpg

かなり良い眺めだった。祟りではなく昔からこの木は美しかったから、切られてはいけないんだという気持ちが強かったにちがいない。
そして現在もこのように我々に堂々と木の魅力を見せ付けているのであろう。
P7100025.jpg


この木の素晴らしさや豪快さは、実際見てみないとわからないだろう。こうやってたくさん写真に撮っても伝わらない気がしてきた。
P7100026.jpg



P7100027.jpg


このアングルから実際見ると、かなり感動できる。しかし、写真にするとそれが伝わらない。
yはり木には霊がついているんだなと思った。私はここに来てその木の精霊を感じとれたから感動できたかもしれない。写真ではわからないから、実際見に行って下さい。

P7100028.jpg

関連記事
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示
« 示現神社 | HOME | 庚申塔 »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。