imagemreguri.jpg

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

町有形文化財「銅造 半鐘」

2005年06月30日
農道に車を止めて歩いて探していたら、民家の人が如来堂を教えてくれた。近くまで連れていってくれて、ここから入って行くのだが、草が凄くて大変だぞと言われた。確かにそうだった。


P6280080.jpg

薬師堂を発見した。なかなか美しい風景だ。革靴がかなり汚れてしまい、おまけにズボンも汚して汗だくにもなっていたが、緑の中にたたずんでいるお堂を見た瞬間、嫌な気持ちがなくなった。
P6280081.jpg


この中に半鐘があるのだろうと思い、またデジカメを覗き穴に入れてフラッシュをたいた。

P6280082.jpg


薬師様がたくさん写った。残念ながら半鐘は見えなかったがそれはそれでうれしかった。
P6280083.jpg


外はかなり草が生い茂っているのだが、お堂のなかは写真を見た限り、ほこりもなくきれいに掃除もしてあった。やっぱり信仰心が強いのだろう。仏像が尊く感じた。
P6280085.jpg


いつものように説明板を撮ってみた。
P6280086.jpg


田沼町でもっとも古い半鐘らしい。やっぱり見たいという気持ちが高まってきたのだが、地面にたくさん生えている草にどうしても勝てなくて、まあこれでいいやんけという気持ちになってしまった。
P6280087.jpg


たくさんの庚申塚らしきものやお地蔵さんが、お堂の横の少し離れた草むらのなかにあった。
P6280088.jpg


半鐘は見れなかったが、やっぱりお地蔵さんや塚があったからそれを拝めるだけでも幸せだと思って如来堂をあとにした。

P6280089.jpg

関連記事
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。