imagemreguri.jpg

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日限地蔵尊(田沼仲町路地裏)

2013年08月15日


犬の散歩中に地蔵尊を見つけた


ここの日限地蔵は、田沼町史でも取り上げられている(1巻)。

明和5年(1768年)八下田重志郎氏が建てたと書いてある。八下田一家の鬼門除けの地蔵として立てられたと伝えられてるという。
今でも信仰が絶えない。





Read more "日限地蔵尊(田沼仲町路地裏)"
スポンサーサイト

彦間川周辺(下彦間、大正橋)を歩く3~寒念佛や庚申塔

2009年11月17日

 

 パート2の続き

さらに歩いて行くと、大きな木が見えた。きっと昔からあったのだろう。

手入れもきちんとしていて、遠くから見ると穏やかな気持ちになっていく。

近くに行ってみたくなってきた。

 

hikomak3002.jpg

Read more "彦間川周辺(下彦間、大正橋)を歩く3~寒念佛や庚申塔"

飛駒の地蔵様

2008年05月07日
新しい仕事場は、飛駒の山道(老越路峠)を超えた先にある。

毎日、この道を車で走らせているが、調度飛駒から桐生の境目あたりのところに地蔵様が祭られている。

何か、道の安全を守っているかのようで、このお地蔵様のおかげで無事に険しい道を越えることできるような気持ちになって行く。

PICT0465.jpg
Read more "飛駒の地蔵様"

東明庵横の地蔵尊

2007年12月25日
東明庵にも地蔵様が祭られてあった。

子供の頃は、お堂に入ってなにげに地蔵様にいたずらしたり、東明庵の石碑に立ちしょんしたりと悪さばかりしていたのを思いだす。

お堂のなかを基地にしたり、「けいどろ」の留置場にしたりと遊んでいた。

お地蔵さんは子供が好きな様子で、僕たちは大きな怪我もすることなく、やんちゃ坊主たちの安全を守ってくれていたような気がする。

今感謝の気持ちを表して、この記事にしたいと思うのである。


P1010104.jpg


Read more "東明庵横の地蔵尊"

吉水地区の地蔵尊

2007年12月17日
ここの地蔵様をこのブログに書いたと思っていたが、まだ書いてなかった。

吉水地区にもたくさんの地蔵様が祭られている。小見の地蔵様は有形文化財に指定されていて、今でも佐野市の有形文化財になっている。


しかし、地蔵様は文化財とか、歴史があるとかの話ではなく、地域の信仰心の深さであると感じる。


ここのお地蔵様もかように大切に現在も祭られている。




P1010077.jpg



Read more "吉水地区の地蔵尊"

子安地蔵尊(栃本コミュニテーセンター横)

2007年11月03日
散歩がてらに地蔵尊を発見した。町の地蔵さんのほとんどは、訪問したと思ったが、まだここは訪問してなかったと思う。

以前、地図を載せて欲しいというリクエストがあったので、リンクだけつけておこう。

おそらくこの辺り


公民館の傍らにあった。





PA130113.jpg

Read more "子安地蔵尊(栃本コミュニテーセンター横)"

吉水新田延命地蔵

2006年04月20日
久しぶりに田沼巡りをした。

やっぱり田沼巡りをしないと心が落ち着かないのと、今日は天気が良くてネットカフェとかに入ったりするのももったいないし、まだまだこのブログでまわらなくてはいけない所がたくさんあるんだと感じている。

すぐさま吉水地域をまわらなくてはいけないと思い、延命地蔵に行ってきた。


P4250001.jpg

Read more "吉水新田延命地蔵"

栃本上仲町地蔵堂

2006年01月22日
実に久しぶりに史跡巡りをした。

最近、何か飽きてきた気持ちも実はあった。それになかなか時間が取れなかったのもあった。以外に史跡めぐりはエネルギーを使う。じっくり見る時間があまりないから写真をひたすら撮りながらどんな記事にしようかなと頭に浮かべたりするのだが、いざ史跡めぐりがとまるとおっくうな気持ちになってくる。
それでは駄目だという気持ちが高まってきた。エネルギーも使うが、逆にエネルギーを貰うこともできる。それは、街を知り、歩いて昔の人々の生活や気持ちをイメージする。そうすることによって私たちは何で生きているのかわかるような気がしてくる。生活に張りができる。

新たなエネルギーが今欲しかった。地図を見て地蔵堂を目指したのである。車を止めて地蔵堂まで歩いていったら、いきなり田沼神社仏閣巡り隊のスティーブ君がやってきた。これから葛生に出張しに行くそうだ。私の車を見てびっくりして降りてきたのである(笑)


P1240003.jpg

Read more "栃本上仲町地蔵堂"

日限り地蔵尊(田沼)

2005年12月05日
北村食堂を通り過ぎると、「日限り地蔵堂」と「仲町三峰神社」が祭られてあった。

なんか凄く良い収穫のような気がした。

地蔵さんに巡りあえるなんてやったという気持ちになった。


PB260036.jpg

Read more "日限り地蔵尊(田沼)"

三本木地蔵菩薩(閑馬)

2005年10月20日
探検の帰りにふと地蔵様があった。


三本木地蔵と書いてあった。謂れはわからないけど、近所の人に熱心に信仰されているのがよくわかる。
圧倒されたのとありがたく感じた。たくさんの石碑や石塔に囲まれていた。まるで曼荼羅のようであった。(少しオーバー)

PA250094.jpg

Read more "三本木地蔵菩薩(閑馬)"

落合万吉商店前のお地蔵さん

2005年09月15日
以前、落合万吉商店の所の薬師様を紹介したことがあるが、何気に散歩していたら、お地蔵さんもあったので、載せて見た。

田沼町を忘れないのカテゴリにお地蔵さんコーナーを作ろうとも思っている。

最近、いろいろと忙しかったり、かったるい気持ちがあってなかなかそこまでできるかどうかわからないけど、お地蔵さん調査なるものをやってみたい気持ちがある。

P9030070.jpg

Read more "落合万吉商店前のお地蔵さん"

中江川を歩く2、供養地蔵発見

2005年09月10日
仲江川を奥まで歩いて行くと、お稲荷様があった。

このあたりにはかなりの旧家があったそうだ。

たくさんの番頭や下女を使っていたそうだ。

昔このあたりには慶安寺があった。今の榊神社の隣にあるお寺だと思う。

そこの若い層が、その旧家の下女と恋に落ちた。夜毎に通って情を通じていた。多分青かんだろう。

そして下女は僧の子を身籠ってしまう。
P9030009.jpg
Read more "中江川を歩く2、供養地蔵発見"

栃本の地蔵さん

2005年09月08日
秋山川から田沼駅方面を歩くと十字路にお地蔵さんが祭られている。

残念ながらお地蔵さんについては史料や知識がなく、有形文化財や田沼町史の題1巻で取り上げられているのしか分からないので、神社めぐりが終わったら、今度は地蔵の研究をしてみよう。

P9030040.jpg

Read more "栃本の地蔵さん"

多田にあったお地蔵さん

2005年06月19日
丸嶽山神社と、御榊山神社に寄った帰り道にお地蔵さんが祭られていた。

P6210051.jpg


Read more "多田にあったお地蔵さん"

有形文化財銅造地蔵菩薩立像(多田の地蔵さん)

2005年06月15日
 小見地域のように多田地域も地蔵信仰が盛んだったみたいだ。いや小見よりも信仰されていて、新しく建てかえられていた。
P6210017.jpg

Read more "有形文化財銅造地蔵菩薩立像(多田の地蔵さん)"

木造地蔵菩薩坐像(子育て地蔵)を探しに

2005年06月14日
 木造地蔵菩薩坐像を探しに行った。前回は近くの愛宕神社に行ってしまい、本来の目的を達することができなかった。
 愛宕神社に行ったのは、木造地蔵菩薩坐像を探しているときに、本町の公民館の近くのおじさんにいろいろ聞いてみたところ、この地蔵さんは木でできていて、子宝に恵まれない人が祈願してその木の地蔵さんを預かると子供に巡られるような話をしていて、普段は鍵をしめてあるから町内会長に言わないと無理かもしれないと言われたので、諦めてしまった。
 今日(6月22日)は、歯医者に行き何げに車を運転していたら田沼のグランドに来てしまったので、詳しく調べようと思った。
 地蔵さんが安置している所の隣に墓地があったので、そこのお地蔵さんも拝んでみた。お地蔵さんだけでなく、いろいろな塚もあった。墓石のような木もしたが、歴史を感じることが出来るので撮った。
P6210011.jpg

Read more "木造地蔵菩薩坐像(子育て地蔵)を探しに"

町重要文化財石造地蔵菩薩立像

2005年06月13日
 小見の調度元権現沼を越えたあたりに地蔵があるのは前から知っていたのだが、重要文化財になっているのは最近気づいた。

P6140001.jpg

Read more "町重要文化財石造地蔵菩薩立像"
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。