imagemreguri.jpg

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉水城碑(吉水第一公園・御泉水跡)

2011年04月24日
しばらく旧田沼町のいろいろな記念碑などを回ろうと思い、吉水第一公園に行ってきた。

ここには「佐野城碑」がある。

佐野市役所のホームページのふるさと自慢にも取り上げられている。


吉水城というのが以前新吉水地域にはあり、ここで湧く水を使い用水に使っていたという。

吉水の地名の由来「四清水」の一つであった。

四清水は小見天満宮の近くの元権現沼とここだというのが分かり、少しうれしくなった。
Read more "吉水城碑(吉水第一公園・御泉水跡)"
スポンサーサイト

故吉田人形連追吊記念碑と神社跡、下小見集会所(小見、普門寺跡)

2011年04月14日

小見地区に神社らしき祠があったので、行ってみたら、祠の隣に何かの記念碑があった。

気になったので、田沼町史を図書館で読んで見たら、この場所は普門寺のあった場所だというのが分かった。
そして、近所の農作業をしているご老人にも聞いてみたところ、この祠は小見天満宮の祠だったいうのも分かった。

小見天満宮は以前ここにあった、普門寺とともに。

それなので、以前はもっと大きな敷地であったというのも分かったのである。

昔のこの地域はどうなっていたのか何となくではあるがわかってうれしいものである。



Read more "故吉田人形連追吊記念碑と神社跡、下小見集会所(小見、普門寺跡)"

安蘇の沃野記念碑(南小見地域)

2010年03月06日

何気に車を走らせていたら、記念碑があるのに気づいた。

南小見地域にあった。

以前記事を書いた南小見の菊川地域に碑はあった。

すぐさま写真を撮ったのである。



hiokomi001.jpg




Read more "安蘇の沃野記念碑(南小見地域)"

安蘇川橋開通記念碑(安蘇川橋周辺を歩くその3)

2010年03月02日

その1その2の続き。

橋の近くには、何かの記念碑があった。興味もって近寄ってみたら、安蘇川橋の開通記念碑だった。やはりこの地域の道路や橋の建設には地域の人々の努力があったんだと感じた。

 

aso3001.jpg




Read more "安蘇川橋開通記念碑(安蘇川橋周辺を歩くその3)"

新吉水(小見)土地改良竣工記念碑

2009年06月25日

佐野の街から旧田沼に戻る途中に、土地改良記念碑がある。

昼間車で通ると何気に見ることができる。

この周辺は子供の時によく自転車で通ったが、記念碑には何ら興味などは抱かなかった。

この地域は吉水新田地域とともに、水田地帯が広がっている。

 

 

しんでん

 

Read more "新吉水(小見)土地改良竣工記念碑"

京路戸公園にあった小さな祠(多田)

2009年06月01日
京路戸公園を歩いていたら、小さな祠を発見した。

このブログはこのような祠を取り上げるのに意義がある気持ちが強いので記事にしてみた。

昔のこの地域のことはよくわからないが、諏訪岳を通り、岩舟との交流もしばしばあったのだと感じる。

盗賊などの逃げ道にもなっていたかもしれない。

いろいろと創造が膨らんで行くのである。


imagetuka.jpg

Read more "京路戸公園にあった小さな祠(多田)"

田沼工業団地開発記念碑(多田、京路戸公園)

2009年06月01日
秋山川の探索をしていて、ふと工業団地に行ってみたいなという気持ちになった。

工業団地は中学生くらいのときに出来た記憶があったが、詳しく中を見たことがなかったからである。

私は当時、栃木市の高校に通っていたが、岩舟や大平の友人とかに田沼をくそ田舎だなと馬鹿にされていたので、岩舟に工業団地があるのかよ!と言い返してたりしていた。
今思えば、どんぐりの背比べだと思う(^_^)






kougyo001.jpg  
Read more "田沼工業団地開発記念碑(多田、京路戸公園)"

亀山松次郎の記念碑(飛駒)

2009年05月27日

飛駒を車で走らせ、桐生梅田方面に右折する手前の煙草屋さんの向かいに「亀山松次郎」の記念碑がある。

 

煙草を買おうと思って煙草屋で振り向いたときに記念碑があるのに気づいたのである。

 

こんな立派な記念碑があるので、たいそう立派な人だったのだろうと感じた。

 

 

 

kame001.jpg

Read more "亀山松次郎の記念碑(飛駒)"

番山記念碑と多高山登山口

2009年03月10日
老越路峠を進み、桐生の梅田に行く途中に番山記念碑が建っている。

この道が通れるようにした人々の苦労が滲みでている感じだが、正直田沼から行くと気付かないのでかわいそうだ。

桐生梅田から田沼に向かうときなら気付くとは思うが、これはブログに載せるべきだなと思ったのである。




zen001.jpg
Read more "番山記念碑と多高山登山口"

梅田地区合併記念碑(もう一つの旧田沼)

2008年11月11日

以前の記事に「飛駒小跡地(水没)-もうひとつの田沼」でも取り上げたが、桐生梅田地区の1部(皆沢など)は、以前は田沼町に所属していた。


入飛駒小学校跡地の石碑から湖に沿って走らせていくと、合併記念碑も見ることができる。


ここは良く通るが、見落としていた。調度周辺の森林整理をしているときにこの記念碑を見つけることができたのである。






ww1.jpg

Read more "梅田地区合併記念碑(もう一つの旧田沼)"

秋山川万葉集の歌碑

2005年09月07日
万葉集にこの秋山川を歌ったのがある。昔から秋山川は人々に愛されていた。

ちょうど公園の入り口に歌碑がある。

P9030034.jpg

Read more "秋山川万葉集の歌碑"

栗原彦三郎の像

2005年08月22日
栗原昭秀(くりはら あきひで)昭和29年没
代議士。自宅内に「日本刀鍛錬伝習所」を設け後進の指導に当たり、刀匠協会を創立して展覧会を開催するなど、刀剣界に非常に尽力した。また、宮入行平、天田昭次などを育てた現代刀工の恩匠と言われている。


有名な刀工らしい。

その人の像がここにあった。


P8160030.jpg
Read more "栗原彦三郎の像"

軍人か工員

2005年05月12日

宇都宮神社のあとに、さらに飛駒の奥の方にいったら、桐生までいきそうになってしまったので、あきらめて家路につこうとした。
その途中で変な銅像を見つけたので写真にとってみた。


hitogsts.jpg



説明書きがないけど、これはおそらく日清、日露辺りの時代に作られたものだと思う。これから戦争に行くための気合入れのための銅像だろう。

この地域は神社などを見ているとやたらに日露戦争の時の戦没者の供養碑があるのでたくさんの人が戦争に駆り出されたのだろう。

 







気になっていた呪いの木(馬頭観音)

2005年05月07日
 図書館に行く手前に「呪いの巨木」という噂の木がある。
道路拡張のためにその巨木を以前切ろうとしたら、切ろうとした人が謎の死を遂げたという。それだから切らないで今でも道の真ん中にどうどうと立っているという。
せっかくだから行ってみた。いつも通ってはいるがその巨木をじっくりと見たことがなかったからである。

よく見たら、馬頭観音がここで祭られていたことが分かった。

P5070026.jpg

おまけに石碑がコンクリートで固められているし、馬と音の漢字が切れたまま飾られていた。
Read more "気になっていた呪いの木(馬頭観音)"
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。