imagemreguri.jpg

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唐澤山鏡岩散策

2014年04月30日
さっきの記事の続き

それから久しぶりに鏡岩を歩いてみた。

小学生のとき習字の塾の遠足で歩いたことがあったが肥満児だったのでかきつく感じたが、職場の山登りのほうがはるかにきつく、職場の登山コースの引率をしてるとリタイヤしてしまう子供もいるのだが、確実に昔の私は今の職場の登山コースでリタイヤしてしまうだろうなと昔のことを思い出しながら歩いた。
ついでに子供の頃は高所恐怖症も今よりも強かった。こんなん岩場に昔はびっくりしていたんだなとほくそ笑みながら歩いたのである。


鏡岩の由来は、『校正続撰佐野記』に「ここに城を修理して築かんとせらるる時よりして、此石光輝く事おびただし。…細密之事までもよくうつり明らかなるゆゑに鏡石と名付たり。」と佐野のホームページに書いてある。



kagami01.jpg
Read more "唐澤山鏡岩散策"
スポンサーサイト

老越路峠動画(家jから仕事場と仕事場から家まで)

2013年03月26日
ヤフーブログの方にも記事にしたが、ドライブレコーダーで通勤路の動画を録画してみた。
http://blogs.yahoo.co.jp/xbwgc030/61697610.html

http://blogs.yahoo.co.jp/xbwgc030/61717365.html

ドライブレコーダーなので画質はだいぶ悪いが、田沼の飛駒地域や老越路峠などの様子がよく分かると思う。

地図だとこんな感じ

tanuti.jpg



Read more "老越路峠動画(家jから仕事場と仕事場から家まで)"

唐沢山の猫たちと太郎のコミュニケーション

2013年03月03日
ヤフーの記事にもした。
http://blogs.yahoo.co.jp/xbwgc030/61713547.html

H25年2月のとある日、ドライブレコーダーで唐沢山の山道を撮影した後に久しぶりに野良猫たちを見ようと思い、散歩してみた。

社務所の裏にはたくさん野良猫がいた。



img_1423446_61713547_0.jpg

Read more "唐沢山の猫たちと太郎のコミュニケーション"

田沼と桐生の境目を歩く

2009年01月28日
仕事で、旧田沼と桐生の境目の山道を歩くことができた。


一般の道路と違い、趣のある風景だった。


田沼の奥深さを味わうならばここを歩くのがいい。




umedatizu.jpg
Read more "田沼と桐生の境目を歩く"

大沢池の釣り人たちと秋山川の野良猫

2008年10月26日
一ヶ月ぶりの更新だ。最近も忙しく仕事に明け暮れていて、「田沼町わ忘れない」の更新があまりできていない。

毎日、桐生の野外センターで野外活動をしているので、田沼に戻るのは夕方になってしまう。

桐生での活動記録や日常のことは、「つれづれ学習野糞」でも見てください。


昨日は、久しぶりに大沢池に太郎を散歩に連れていった。


asd3.jpg



Read more "大沢池の釣り人たちと秋山川の野良猫"

太郎と唐沢山天狗岩

2008年08月16日

太郎と久しぶりに唐沢山の天狗岩に行ってきた。

この時期の唐沢山は夕方行くと涼しくて良い。

観光客もほとんどいない。

駐車場に車をとめて音楽を聞いている孤独な人も数名いたりする。

バイクでここまで来て何気にぼんやり風景見ている人もいた。

しかし、たくさん人が集まる唐沢山は正直嫌いだ。

だから、こんな感じでいいのだと勝手に思う。

DVC00031.jpg


Read more "太郎と唐沢山天狗岩"

根本山を歩く(まとめ)

2008年07月10日
根本山登山の写真を、一緒に行った人が撮ってくれたので、総集編として記事を書いてみようと思った。

やはり、綺麗に撮影した画像の方が根本山の素晴らしさがわかると感じる。

ここ一ヶ月、根本山の記事ばかりになってしまうが、申し訳ない。





DSC00521.jpg

Read more "根本山を歩く(まとめ)"

根本山に登る5(根本山頂、帰り)

2008年07月03日
根本山山頂には一度行ったことがあるので、難所を越えたら気持ちが楽になった。

マイペースに山頂を歩いた。少し足がすでに筋肉痛になってたけど。

尾根伝いに歩くのは爽快な気分になれる。

田沼で一番高い箇所を歩くことに幸せを感じる。




Read more "根本山に登る5(根本山頂、帰り)"

根本山を登る4(根本山神社奥の院)

2008年06月29日
根本山神社奥の院のある最後の崖まで辿り着いた。

鉄の鎖で登れば、奥の院に辿り着く。

ようやく念願が叶ったなと実感したが、私は高所恐怖症でもあったのと、でぶになったので、不安もあって、緊張感がかなり高まったのである。


体力がもう少しあれば、何度も登れるだろうと思う。何度も登れる体力と高所恐怖症を克服しなければいけないと痛感したのである。




Read more "根本山を登る4(根本山神社奥の院)"

久しぶりに根本山へ登る3(奥の院まで)

2008年06月18日
<続き>


休憩してから歩いた。私が歩くのに困難な箇所が何箇所かあった。

このようながけや山道を歩いていると、死んだ友人のことをいつも思い出す。

転落して亡くなった亡骸を思いだしてしまうのである。

自分は転落したくはないと思ってしまうのである。



DVC00061.jpg
Read more "久しぶりに根本山へ登る3(奥の院まで)"

久しぶりに根本山2(根本山神社奥の院まで)

2008年06月17日
根本山入り口まで、どうにか辿り着いた。

工事現場の人には感謝したい。

ここに来るのはたぶん3年ぶりだ。

あの時は、根本山の怖さを知らなかった。




DVC00040.jpg
Read more "久しぶりに根本山2(根本山神社奥の院まで)"

久しぶりに根本山に登る1(登山口まで)

2008年06月08日
5月に根本山に登った。

根本山は2年前に登ったが、根本山神社奥の院には雪が激しくていけなかった。


http://kobo19720418.blog2.fc2.com/blog-entry-250.html

今回は仕事で行くことになった。登山の達人の人と一緒なので今度はちゃんと登れるだろう。

ただ、体力と根本山に対するトラウマのような恐怖感が心配だった。


さっそく、途中の道が通行止めだった。




Read more "久しぶりに根本山に登る1(登山口まで)"

蓬莱山で暑さ凌ぎ

2007年08月28日
蓬莱山に太郎と父と一緒に涼みに行った。

今年(2007年)の夏は暑い。今でも暑くてエアコンがないと夜眠れない。


蓬莱山のことは以前書いた。唐沢城の隠し城だったと言われているのと、似たように暑さを凌ぎにくる人がたくさんいる。


近くでは山水を汲みにくる人もいる。うまいかどうかはわからないけど、全盛期には行列を作ってた。

この暑さでたくさんの人が蓬莱山に来ていた。

P8150104.jpg











Read more "蓬莱山で暑さ凌ぎ"

大沢池(唐沢山麓)

2006年05月08日
大沢池もえんのため同様、きれいに公園化されてしまった。

昔は自殺の名所で有名だったようだが、今はその雰囲気すらない。

美しい唐沢山の自然が育んだ池だというイメージが強くなっている。

ついでにうちの父がここで犬の散歩をたまにしている(笑)


P5070050.jpg

Read more "大沢池(唐沢山麓)"

えんのため公園(多田)

2006年02月01日
私は中学校の時に何度かこのえんためで釣りをしに行ったことがある。

当時は田んぼのための用水池という感じだったのだが、今は公園となっている。

行ってみたら驚いてしまった。



P1240058.jpg

Read more "えんのため公園(多田)"

根本山を登る3 帰り

2005年12月15日
十二山根本山神社に行ってから、せっかくなので根本山頂上にも行ってみた。

私は相変わらず、足が痛いのとすぐ息が切れてしまい、ゆっくりゆっくりと頂上を目指したのである。

スティーブ君とジョニーは、元気にすばやく頂上に向かって進んでいた。私が上がってくるのを休憩して待っていた(笑)


やっぱり俺はやせなくては駄目だな(笑)

PC040042.jpg

Read more "根本山を登る3 帰り"

根本山に登る2

2005年12月12日
途中、山の神を祭る祠があった。

無事に神社に行けるように祈願したのである。


しかし、私は息が切れおまけに大量のねっとりとした風邪のときにかく悪い汗をかいた。ちょっと登っただけで息がきれてしまい、皆の足手まといになったのである。


PC040009.jpg


Read more "根本山に登る2"

根本山に登る1

2005年12月11日
12月4日(日)俺たち、「田沼神社仏閣巡り隊」のメンバー、俺とスティーブ(25歳)、ジョニー(33歳)は、今年の目標であった「根本山」に登った。


「根本山神社」が目標だったのと、この景色をやっぱりこのブログに載せないと田沼っ子ではないと思ったからである。

しかし、俺は風邪で前日まで寝込んでいた。また左目が結膜炎になってしまっていて、目が痛くてかなわなかった。

しかし、今日登らなかったら来年になってしまう。だから意地でも登ったのである。天気予報は午後から雨だ。ここは山だから雪になるかもしれないのをわかっていながらも。

PC040001.jpg

Read more "根本山に登る1"

彼岸花(洞雲寺周辺)

2005年10月06日
この写真を撮ったのは、9月下旬だったのだが、調度閑馬地域の神社巡りをやっている最中だった。途中、熊谷ナンバーの車が停まっていたので何気に見たら、彼岸花の写真を老夫婦が撮っていた。わざさら埼玉までこの山里に来ている光景に感動してしまった。まわりを見たらさして彼岸花は綺麗でもなかったけど。

私は知っていた。この地域で一番彼岸花が美しいところを。それは洞雲寺周辺だと私は思う。それをその老夫婦に言おうかなと思ったら、もうすでに言ったかもしれないなと感じ、話しかけることができなかった。

 ならば私が一人で行くか。
PA010047.jpg



click!
Read more "彼岸花(洞雲寺周辺)"

須花トンネルを冷静に見よう

2005年04月25日
 少しずつ落ち着いたというか、あれからサイトではどのように須花トンネルを扱っているのか調べてみた。
冷静に考えると、手彫りのトンネルは価値があり、昔の人が苦労して彫ったもんだから、貴重な文化財だ。
(心霊スポット)

(須花林道)

(隧道電撃ネットワーク


(ミステリースポット)


須花トンネル散策記


このサイトは霊のことが書いてなく犬の写真まで貼ってある


手彫りのトンネルは行ってなかったし、馬頭観音も参拝してなかったので、もう一度行きたくなってくる。

ロッジさん、地元に帰ってきたら一緒に行きましょう!笑




 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。